ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

定まらない方向感

こんにちは。

今日も暑さは健在ですね。

太陽さんありがと…

 

そんな暑さにも負けずジムにはたくさんのじいちゃんばあちゃんがいます。

日中のジムはじいちゃんばあちゃんの憩いの場なのかもしれませんね。

健康にも良いですし。

 

さて

今日は経済の話

f:id:est_cub_1000RR:20190822143140p:image

今週は米連邦準備理事会(FRB)が9月に追加で金利の利下げを行うかというところが話題なっています。

 

追加で金利引き下げをするのはほぼ確実視されていて、先物では9月に金利引き下げを行う事を織り込んでいるような状況。

 

本来ならFRBとしては金利の引き下げには積極的ではないが、トランプさんの圧力はあるのだろう。

 

あとは追加利下げ幅がどの程度になるかという部分が重要になってくるわけで。

サプライズ的な発表があればまた違った展開になるのかもしれない。

 

天に祈るとは違うけれど、経済の行く末を見守る事が大事なのかもしれない。

 

トランプさんとしても、自分の任期の間は米国株が下がることは嫌だろうし、下がればすぐに手を打つような状態。

これがいつまで続くかはわからないが、少なくともトランプさんが大統領である限りは無理をしてでも米国株を上げるつもりだろう。

 

そう上手くいくかどうかはわからないが…

 

トランプさんがしばらく経済をかき回すのは続くだろう。

そのため米ドル関連の為替や米国債などは先行きが不透明で方向感が出ずにフラフラしている。

 

もちろん日本円や日本株先物に関しても影響は出る。

FXや先物取引をしている人にとってはしばらく歯がゆい思いをするかもしれない。

 

今我々にできることは黙って相場を見守る事しか出来ないのだから…

 

MA-YANでした。

お金の教育には投資が1番という話

 

こんばんは。

昨日はもう秋の空なんて話をしていましたが、今日散歩に出てその暑さにびっくりしたMA-YANです。

 

もうすぐ8月も終わりだというのに暑すぎませんか…

油断して水分持ってなかったので熱中症になりかけました。

いつも8月下旬てこんなでしたっけ?

皆さんもまだまだ暑いので熱中症にはご注意下さい。

 

さて

今日はお金の教育には投資が1番

f:id:est_cub_1000RR:20190821181335p:image

というお話。

 

皆さんは小さい頃お金について親にどんな教育をされてきましたか?

 

多いのは

  • お金を大事にしなさい
  • お金に執着するな
  • 子供はお金の話をするな
  • お金は貯金しなさい

というような内容だと思います。

 

中でも、

子供はお金のことを考えなくていい

というような教育が多いのではないかと思います。

 

お金の価値を知らなければお金の使い方もお金を大事にする方法もわかりませんよね。

 

世間では未だお金を稼ぐことがまるで悪いことのような風潮がありますよね。

 

最近でこそ、投資が一般的になってきたり、副業が広がったり、フリーランスという働き方が増えたりとお金を稼ぐ手段も多角的になりつつありますが、それだけ日本全体のあり方が変わりつつあるのではないかと思います。

 

とはいえ、教育する側の親が、お金について詳しくないと子供にお金の教育をする事は出来ません。

当たり前のことなのですが、お金の教育というのはとても大事です。

 

「一円を笑うものは一円に泣く」

という言葉が示すように、お金というのは、一円でも無駄にするべきではないというのは確かな事です。

 

しかし、この一円の重みというのはとても重いものですが、この一円の価値を知らないと一円を大事にすることができません。

 

例えば、私がこの記事を書いて広告収入で得られるのは、数円から多くても数十円といったところです。

ひょっとすると1円かもしれません。

このブログを書くのにあたって執筆する時間というのは1時間弱です。

時給数円です。

しかしながら0円と1円の差というのはとても大きいものです。

0はいくつ足していっても0のままですが、例え1円でもあれば積み重なっていくのです。

 

そしてなぜお金の教育には投資が良いのか

という話をしていきたいと思います。

 

この記事を読んでくださる方の中には子育て中の方や、これから親になる方もいらっしゃると思います。

その中で投資をしている方がどれだけいるかはわかりませんが、おそらく3割もいないでしょう。

 

おそらく今子育てしている方も、これから親になる方も、お金の勉強というのはほとんどされていなかったはずです。

親の姿を見たり、周りから見て聞いて学んだことがほとんどでしょう。

もし親から、お金の使い方や価値をしっかりと教えてもらったという方がいたら、すごくいい親に恵まれていますので親に感謝ですね。

 

お金の教育をするにあたって、

そもそもお金とは何か?

という事を深く考えることが重要なのではないかと思います。

 

みなさんにとってお金とはどういうものでしょう?

一度考えてみてください。

ちなみに私にとってお金は自由をもたらしてくれるものです。

これは人によって考えが違うので、あくまで私の意見ですが。

 

このお金とは何かという部分に信念を持っている人はお金の教育もうまくやりやすいと思います。

 

そして本題のお金の教育に投資が良い理由

 

これはすばり、お金に触れる機会が持てるから

ということにあると私は思っています。

 

投資というのは、お金を増やすことも減らすことも出来ます。

1円も無駄に出来ないのです。

 

投資をするにあたって、お金はどういう風になれば増えて、どういう風にすると減るのか。

また、どうやってお金を増やしていくのか。

 

当然経済的な話というのも関連してくるので、子供には難しい部分もあるかもしれませんが、お金に触れる、お金について真剣に考える機会という意味で投資以上に適任なものは無いと思います。

 

そして社会にも興味が出てくるかもしれません。

社会の仕組みや世界の情勢など、これから大人になり生きていく上で学ばないといけないことに興味を持てれば楽しく学べるのです。

 

もちろん働ける年齢であればアルバイトをしたり、会社に勤めたりと出来ますが、もっと早い段階でお金について学ぶ必要があると思います。

 

  • 生きるために働いて給料を稼いで、消費して、また働いてということだけがお金の稼ぎ方ではないこと。
  • お金は手段であって、お金を稼ぐことが目的ではないこと。
  • お金を稼ぐというのは、どんな手段であれ楽ではないこと。

 

 

まとめ

私は最初に投資という事を知ったときに、こんなにも世界は広がるんだと思えました。

振り返ると、働いて、給料をもらって、また働いてという事が当たり前であると思っていた時は、世界はとても狭かったと思います。

 

世の中はお金が経済を回していて、自分も経済を回す一部になれることや、投資を知ることで、世界情勢に興味が出たり、経済に詳しくなったり。

精神力はかなり鍛えられました。

お金の無駄遣いもしなくなりました。

 

今でも小さい頃に戻れるなら、小さい頃から投資の勉強をして、貯金をしてお金を投資に回すという事をしたかったと思います。

 

もし今から子供にお金の教育をしようと思っている方がいれば、きちんとしたお金の教育は必ず子供のお金についての考え方を正しく導いてくれると思います。

※ただしお金に固執するのはダメです笑

 

お金の考え方ひとつで人生が変わると言っても過言ではないと思います。

お金は人生を豊かにする道具であっても、不幸にする道具であってはいけません。

 

MA-YANでした。

意味のない聖杯探しはもうやめよう

こんにちは。

最近本ばかり読んでいるMA-YANです。

だんだん秋の気配が近づいてきましたね。

気候や空気など秋を感じます。

秋が1番過ごしやすくて私は好きです。

 

今日は聖杯探しをやめようという話

f:id:est_cub_1000RR:20190820164544p:image

聖杯…

それは欲深い人間にとっては喉から手が出るほど欲しいもの。

聖杯といってもゲームや宗教の話ではありません。

 

トレード(FX)の話です。

 

そして聖杯探しってどういう事?と思った方がほとんどだと思いますので本題へ。

 

 

聖杯探しとは…

ありもしない必勝法を探す事

 

初心者トレーダーであれば、一度はあるんじゃないかと思ってしまうのが聖杯。

 

特に負けが続いたり、なかなか勝てない時期が続くと自分の手法が間違っているのではないかと考えて必勝法や確実に稼ぐ手法のようなものをとにかく探してしまうことがあります。

 

そして聖杯探しは負のスパイラルです。

負けが続いている要因や理由を追求せず、手法や必勝法を追求することで、余計に自分のトレードのやり方が定まらなくなります。

 

トレードは突き詰めればシンプルなもの

本来トレードは沢山の手法を取り入れれば勝てるというわけではありません。

トレードはいろいろ試して失敗を積んで自分の手法が確立されていくものだと思いますが、そんなに沢山の手法が必要かと言われるとそうではないと思います。

 

ましてや必勝法などあるわけないです。

 

聖杯探しは時間の無駄なので、その時間を使って相場から勉強をする方がよっぽど上達すると思います。

 

まずはひとつの手法をマスターして、相場と向き合う事。

 

全ては相場が教えてくれる。

 

MA-YANでした。

 

あおり運転を回避するには

こんにちは。

あおり運転が怖いMA-YANです。

最近ニュースなどで話題になっている高速道路でのあおり運転事件ですが、犯人が捕まったようですね。

傷害容疑で逮捕という事みたいですが、実刑になるんでしょうかね。

 

今日はあおり運転を回避するための話

f:id:est_cub_1000RR:20190819162515p:image

 

あおり運転されると怖いですよね。

特に今回のニュースのように殴られたりするのはまっぴらです。

殴り返すのもダメなので、大人しく証拠を残すしか方法が無いわけですが…

 

今日はそんなあおり運転を回避するための方法を考えてみようと思います。

 

1.ドライブレコーダー

証拠として残すには、やはりというか唯一の手段がドライブレコーダーという事になります。

 

ドライブレコーダーが無くても証言者がいればなんとかなる事もあるかもしれませんが、望み薄なのでやはりドライブレコーダーは必要でしょう。

 

世の中危ない人がたくさんいるのでドライブレコーダーは今や必須といっていいでしょう。

 

特に前後撮れるものがベストかもしれません。

こういうタイプ⬇︎

 


コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR-015 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用microSD(16GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC

 

 

最近では、自動車保険会社がドライブレコーダーを用意して、事故の際に自動的に通報されるシステムが登場しています。

 

ドライブレコーダーはあおり運転だけで無く、事故の過失割合を決める際にも非常に有効です。

 

映像として残っているかどうかは非常に重要な部分になっています。

 

もちろん車だけで無く、バイクに乗られる方もドライブレコーダーはおススメです。

 

バイク用でも中国製であれば、15000円ほどで前後撮れるものが出ているので是非取り付けをおすすめします。

バイク用で前後撮れるタイプ⬇︎

 


AKEEYO バイク用 ドライブレコーダー 前後 200万画素 120°広角カメラ 1920×1080P 3インチIPS液晶 WDR リモコン付き 全体防水 32GB MicroSDカード付き Gセンサー 常時録画 ループ録画 日本語説明書 一年間品質保証 AKY-958 (AKY-958)

 

最近はバイクでもドライブレコーダーが普及してきていますが、これからはもっと普及していくでしょう。

 

2.安全運転

ドライブレコーダーは非常に有効ですが、1番重要になってくるのは、なんといっても安全運転でしょう。

 

変な輩に絡まれないためには、自分から引く事も大事です。

 

  • 右車線を走っていて、後ろから煽られたら素直に左車線に移動する。
  • 割り込まれてムキになって抜き返したり、クラクションを鳴らさない

 

感情的になって運転すると、それだけあおり運転を受ける可能性が高くなりますし、何より自分があおり運転の加害者になりかねないので注意していきたいところ。

 

ドライブレコーダーも大事ですが、普段から安全運転を心がけて、心にゆとりがあればあおり運転に遭遇する確率も低くなりますので、皆さんも気をつけて運転なさってください。

 

以上MA-YANでした。

諸行無常

こんばんは。

今日はプチ断食のMA-YANです。

胃を休めてリセットかまします。

 

諸行無常

f:id:est_cub_1000RR:20190818204927j:image

昨日は私が不思議に思う世の中の理の話をしました。

今日は世の中の理でも有名な諸行無常の話。

 

諸行無常といえば、平家物語の冒頭としてもとても有名ですよね。

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」

 

諸行無常という言葉は皆さんよくご存知かと思いますが、意外と意味を知らない方もいらっしゃると思うのであらためて説明を。

 

諸行無常とは

諸行無常(しょぎょうむじょう、巴: sabbe saṅkhārā aniccā、सब्बे संखारा अनिच्चा)は、仏教用語で、この世の現実存在(森羅万象)はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。「諸行」とは因縁によって起こるこの世の現象(サンカーラ)を指し、「無常」とは一切は常に変化し、不変のものはない(アニッチャ)という意味。三法印四法印のひとつ

諸法無我と並べられるが、行は因縁によって起こるこの世の現象を指すのに対し、法は涅槃すらも含むあらゆる事象を指している。

宋代の仏教書『景徳伝灯録』によれば、釈迦牟尼仏が入滅に際し、沙羅双樹の木の下で説いた言葉と伝えられる

Wikipediaより引用

 

つまり、諸行無常とは、世の中の全ての事は常に流動変化しているので不変のものは無いということ。

全ては変わりゆくもの。

無くならないものは無いわけです。

 

この諸行無常という理は、世の中に対して俯瞰的な見方をする時の考え方に通づるものがあります。

 

こういった世の中の理というのは、先人の知恵のようなものがたくさんあって面白いですよね。

 

昔の書物などを見ても、戒めのような事が沢山載ってたりするので読んでいて勉強になります。

 

ただ、多すぎてきりが無いので時間がいくらあっても足りなくなるのであまり読めませんが笑

 

この世は諸行無常

 

MA-YANでした。

 

不思議な仕組み

こんばんは。

たまに何をしていても気分が優れない日ってありますよね。

今日はそんな日のMA-YANです。

f:id:est_cub_1000RR:20190817221745j:image

私は常々不思議に感じる事があります。

それは、どんな事においても波があるということ。

 

わかりやすいところで言えば、月の満ち欠け、人体でいうと女性特有の周期や体調の周期。

投資やビジネスにおいても好不調は周期的です。

 

世の中て不思議に思う事はいくつもありますが、必ず波が存在するというのは永遠の不思議です。

 

陰と陽という考えもそうですよね。

 

必ず好調と不調はセットで存在して、上昇の前には押しを作るし、下降の前には戻しをつける。

 

深く考えれば考えるほど不思議です。

 

そういう仕組みだと思ってしまえばいいのですけど。

 

皆さんも不思議に思いませんか?

 

うーん、実に不思議です。

 

そんな事を考えながら気分が晴れるのを待っているわけですが、今は上昇の前の押しという事にしておきましょう。

 

MA-YANでした。

世界経済の行く末

こんばんは。

散歩にハマってるMA-YANです。

知っている場所の風景が変わって面影が無くなっていくとなんだか寂しいですね。

 

普段は車やバイクに乗ることが多いので、周りの景色を見ながらのんびり歩くと知らなかったいろんな風景が見れて新鮮で気持ちが落ち着きます。

 

この世に変わらないものは無いのかもしれませんね。

 

今日は世界経済の行く末について

f:id:est_cub_1000RR:20190816202723p:image

世界経済の行く末とは書いてみましたが、実際どうなるのかは私にはわかりません。

 

と言ってしまうとここで話は終わってしまうのですが、これから世界情勢がどういう方向に向かうのかということについて私が思う話をしていきたいと思います。

 

まず、現在の世界経済においてその中心にいるのはアメリカです。

これは皆さんも周知の事実。

そして、世界の基軸通貨は米ドルです。

 

10年前であれば、中国が今後の世界経済を担う期待がされていましたが、今の状況では可能性は低いでしょう。

もともとドーピングのような形で中国経済は発展しましたが、無理がたたってボロが出ました。

 

そして、アメリカの大統領であるトランプさんはドルの価値が高すぎると思っている節があります。

 

ドルの価値を下げたいのでしょう。

 

もともとアメリカも無理な利上げのツケはいずれ払わないといけない時期には来ていましたが。

利下げをしたのはトランプさんの影響でしょう。

そして、私はもう1段階利下げをさせるのでは無いかと思います。

少なくともトランプさんが大統領である内は。

 

今後の大統領選でどうなるかはわかりませんが、トランプさんが完全に任期を満了するまで大統領であるのであれば、最後には大どんでん返しが待っているのでは無いかなと思います。

 

そうなると、日本を含める経済大国と呼ばれる国は大きなダメージを負うでしょう。

新興国もダメージは受けるでしょうが、立ち直りが早いと思います。

これから発展していく国と停滞している国では勢いが違います。

 

投資で新興国の株などに注目が集まるのも、この勢いがあるからと言っていいでしょう。

ただし、勢いがどう転ぶのかはわかりませんが。

しかし今後は新興国の力が増すのは確実では無いかと思います。

 

そして、ダメージから立ち直れない経済大国はどうなるのか。

正念場ですね。

 

現在IMF(国際通貨基金)のSDRに5つの通貨が採用されています。

SDRとは、簡単に言うと主要通貨の事で、著しい暴落や暴騰で価値がなくなる可能性が低い安定した通貨と考えるとわかりやすいかもしれない。

 

どちらかといえば、経済破綻しにくい国と言っても良いかもしれない。

 

この主要通貨の内訳は

  1. 米ドル
  2. ユーロ
  3. 日本円
  4. 人民元
  5. 英ポンド

 

この5つの通貨が主要通貨としてSDRに選ばれているわけだが、正直言って今の状況では、どの国が破綻してもおかしく無いと私は思っています。

 

今の世界経済を考えると、どこの国も破綻の可能性は大いにあるわけです。

 

そうなった時に力の均衡が崩れてどうなるか。

 

今の世界経済の先行きは不透明です。

経済アナリストも仕事だから予想はしているのでしょうが、当たらないでしょう。

もちろん私もわかりません。

 

ただ、みんなが不安に思っていると言うのは間違いないでしょう。

金の価格が上がっているのもそう言った背景にあるのでしょうし。

 

かといって今金を買うのは遅すぎです笑

次の暴落を待った方がいいかもしれません。

 

仮想通貨も今後どうなっていくのか見ものです。

現在通貨を脅かす存在となれるのか。

 

楽しみですね。

 

我々にできることは、こうなったらいいなと願う事ではなく、現在を見て、ただただ事実を受け入れるという事です。

 

その上でどういう行動を取るか。

まあそんな事関係ないと思ってる人にはどうでもいいかもしれませんが、投資や今後に不安がある人は是非考えてみて欲しい問題です。

 

MA-YANでした。