ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

女性ライダーに群がるおっさんライダーの謎を勝手に考察

こんにちは。

そろそろ梅雨明けか!?

と思いきやまだ余力を残していたことに驚きを禁じ得ないMA-YANです。

 

今日はタイトルからしてニッチな話。

と思ったけど、バイク乗り界隈では日常茶飯事の事かもしれない。

f:id:est_cub_1000RR:20190718135221j:image

基本的なところ、

おっさんライダーは女性ライダーが好きだ

 

これは真理だろう。

語弊のないように補足しておくと、おっさんに足を踏み入れている私が勝手にそう思っているだけですのであしからず。

 

基本的にバイク乗りは男が多いのだ。

女性ライダーが増える事は喜ばしいが、まだまだ危険なイメージもあるし、男の比率が圧倒的に高い。

 

男からすると、貴重な女子というだけで希少価値が高いのだ。

 

男性社会の中に女子がいるというのは、女子からすると居心地が悪いところもあるのかもしれないが、男からすると、女子がいるだけで華やかになるという思いなのだろう。

 

少し思い出話を…

私が通っていた専門学校では、車やバイクの整備系ということで男ばかりであった。

女子もいるのだが、比率は20対1くらいの割合。

 

そしてほぼ全員の女子が学校内の誰かと付き合っていた笑

彼氏が変わったとしても学校内の誰かだ。

言葉は悪いが選び放題な感じである。

逆ハーレムに近い状態。

 

これを言うのはしのびないのだが、学校に通っていたのは、至って普通の女子だ。

稀に可愛い子もいたが。

 

ちょっと前にAKB48が出てきたときにのコンセプトがクラスで10番目くらいに可愛い子だったような気がするが、その基準でいうとクラスで19番目に可愛い子達という感じだろう。

 

とまあ男ばかりのむさ苦しい社会の中に女子がいるというだけで、意識されるのは仕方がないことなのかもしれない。

 

女子にも私の知らない男社会ならではのたくさんの苦労があるのだろうけれど。

 

 

今私が働いているバイク屋にも女性スタッフがいる。

子供は大学生くらいだが、客のおっさんライダーからは大人気だ。

だいたいはおっさんというよりおじいちゃんなのだが。

 

暇があると店に来て、女性スタッフと話をしている。

老後の楽しみというやつだろうか。

 

中にはセクハラチックなじいちゃんもいる。

いつか通報してやろうと思う

 

 

話をおっさんライダーと女性ライダーについて戻そう。

私がたまに生息しているツイッタランドというところには、姫ライダーなるものがいる。

 

取り巻きのフォロワーに囲われている女性ライダーの事なのだが、よく姫ライダーはツイッタランド界隈でちやほやされたり、アンチから叩かれている。

 

個人的には、個人で楽しむ分には勝手にやって貰えばいいし、私が口出しする義理もないのでどうでも良い。

男とか女とかいちいち意識しないといけないのは正直めんどくさいから嫌だ。

 

問題は一部のお節介な周りの囲いの方だ。

 

バイク屋に勤めていると、ツイッタランドだけでなく現実世界で囲いのいる女性ライダーに遭遇する事がある。

みんないい人ばかりなのだが、一部にヤバイ奴らがいる。

 

だいたい女性ライダーが機械的な事がわからない為付き添いでくる場合が多いのだが、特徴は1人だけでなく、何人かまとめて付いてくることだ。

 

そして女性ライダーと整備的な話をしていると、横から次々とチャチャを入れてくる。

 

知識をひけらかして女性ライダーにすごいと思われたいのか知らないが、知ったかぶりで間違った知識を横からベラベラと喋られる不快感はゴキブリに遭遇したとき以上だ。

 

知らないなら黙っておいて。

聞いてるこっちが恥ずかしくなる。

 

そして、大抵の場合女性ライダーは店の人間ではなく取り巻きの言葉を信用する。

 

これが致命的にしんどい。

一度信用したものはなかなか覆せない。

一つの事を納得してもらうまで説明するのは時間と体力ばかり消耗する。

 

話も後半になってくると考えることは

あー今日も残業か

 

ということだけ。

 

取り巻きの人には頼むから黙っておいて欲しい。

そして、付いてくるなら1人にしてくれ。

 

もう一つのパターンも思い出したのだが、店に来る前に取り巻きにいろんな情報を吹き込まれて女性ライダー1人で来られる場合。

 

下調べは大事なのだが、店員の言う事を信用しないなら帰ってくれないかな?

店員の話を信用出来ないなら取り巻きに全部任せておく方がいいと思うよ。

 

店員目線でついついヒートアップしてしまって申し訳ない。

 

今度こそ本題に戻そう。

基本的にバイクに乗っている女性というのは希少であるがゆえに、バイクに乗っている男からすると、ついついお節介を焼きたくなるものなのかもしれない。

 

バイクという共通言語があるがゆえに、話をするきっかけにもなる。

バイクに乗っている女性であれば、もしかしたら俺を頼ってくれるかもという期待感もあるのかもしれない。

困っている人を助けるというのは素晴らしい事だと思うし、全然いいのだが、お節介になると相手が困るだろう。

親切の押し売りは迷惑だ。

お節介になっていても、相手はお世話になっているからと断りづらいかもしれない。

紳士でいた方がいいと思う。

 

けれど、それらの行為も決して悪気があってのことではないはず。

 

きっとそこにあるのは多大な親切心とちょっとの下心だろう。

 

と、ここまで私の意見を勝手に書き綴ってきたわけなのだが。

結論、相手の気持ちを考えて行動した方がモテると思う。

 

自分自身も気持ちだけは紳士でありたいものだ。

 

これを読んで気分を害した人がいたら申し訳ない。

だが個人的に勝手に思っていることなので反省はしない。

 

MA-YANでした。

隣の芝は青い

こんばんは。

年を追うごとに時間の流れがとても早く感じるようになってきたMA-YANです。

 

今日の話題

「隣の芝生は青い」

f:id:est_cub_1000RR:20190717192721p:image

人間は無いものをねだるというか、基本欲張りさんなんですね。

 

私は今日仕事でヤマハのセローに乗って高速を走っていたんですが、オフ用のタイヤを履いている為100km/h出すとハンドルがブルブル震えて死にそうになりました。

 

仕方がないのでずっと80km/hで走っていたのですが、後ろや横をデカイトラックが通るたびに振られて自転車で高速乗っているような感覚になりました。

エストレヤで高速乗ることもありますが、エストレヤにはない恐怖感です。

 

S1000RRであればシャア的な感じで3倍速くても大丈夫ですし、空力的な意味合いでも恐怖を感じたことが無かったのです。

 

今日セローに乗って始めて高速道路が怖いと感じました。

そしてシートが薄いので長時間座ってるとケツが割れそうでした。

 

とまあ普段大型バイクに乗ってるとわからない大型バイクの良さというのを改めて感じた日でした。

 

隣の芝は青いとはよく言ったもので、無くなってから気づくことも多いですね。

 

逆に高速以外であれば、セローの良さはすごくたくさんあるので、不足している部分を大型に求めてしまうのでしょうね。

 

悪いところが目につくのは人の悪い癖かもしれませんね。

反省して良いところに目を向けようと思います。

 

 

バイク主体の話になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

MA-YANでした。

 

 

どうしても自分に負けそうになった時は

こんばんは。

天気は完全にもう夏ですね。

あと8日出勤すれば会社からの脱出、MA-YANです。

 

今日は誘惑に打ち勝つ為にどうするか?というお話

f:id:est_cub_1000RR:20190716210253p:image

普段生きていると1日の中にもたくさん誘惑に負けそうになる機会があります。

 

朝起きる段階から、まず2度寝の誘惑に打ち勝たねばなりません。

すっと目覚めて起きれる人はすごい!

 

特にスヌーズなんてかけていると最悪ですね。

中途半端に目が覚めたり、体が起きなかったり、頭がぼーっとしたり。

 

結局の所、起きる時もダラけずに1発で起きるのが一番目覚めがいいのです。

 

…いいのです。

 

起きた後も様々な誘惑が待ち受けています。

甘い誘惑はどんどん我々を誘ってきます。

 

人は自分に都合の良い方に考えるのがとても得意です。

一種の防衛本能なのでしょうか?

ずっと変わらない人間の本質です。

 

そして誘惑に打ち勝つには何だかんだいって精神力だけでは難しいものだと思います。

 

精神力と誘惑に対する工夫も必要となってきます。

 

私が誘惑に打ち勝つ為にやっている方法

  • 誘惑がありそうなところに行かない、見ない、調べないなど情報をシャットアウトする

 

  • 出来るだけ意識をそらす

 

  • 誘惑に負けたあとの自分に対して先に罵っておく

 

これだけやっていると、大抵の誘惑とはおさらばです。

 

 

どうしても誘惑に負けそうになったら

これが本題かもしれません。

 

そして多くの人が悩むところ

 

私としては、他人に迷惑をかけず犯罪でないのであれば誘惑に負けてもいいのかなと思います。

 

どうしても誘惑に勝てない出来事などそうそうあるわけではないので、あとで自分が後悔するハメになっても、周りに迷惑をかけるのでないのであればやむを得ない事もあるかもしれません。

 

選ぶのは自分の責任ですし。

 

とはいえ、誘惑はたくさんあるので全部に負けないように自分を律する事も必要かもしれませんね。

 

 

そんなことを思いながらブログを書く夏のひととき

MA-YANでした。

 

 

出来ることからコツコツと

こんばんは。

今日はツーリングのバイクをたくさん見ながら仕事のMA-YANです。

 

海の日だけに海が気持ちよさそうな天気でしたね。

f:id:est_cub_1000RR:20190715182816p:image

日中は日差しも強く日焼けをしたい人には絶好の晴れ間でした。

 

私は常々思うのです。

 

人というのはつくづく不平等の上に成り立っているのだなと。

 

天は二物を与えずという言葉がありますが、そうでしょうか。

 

私の知っている中には、高身長でイケメンで性格も良く頭も良いという全てを網羅したような人がいます。

※ただしロリコン気質ですが

 

一方で容姿、性格、頭が良くないという逆三拍子揃った人もいるわけですよ。

 

天は二物を与えずというのは、

一方にたくさんステータスを振り分けて、反対にもう一方から同じだけステータスを抜き去ってバランスを取っているのではないか

 

まったく不平等だなと思わざるを得ないです。

 

とはいえ、容姿がいいわけでもなければ、頭がいいわけでもなく、性格がいいわけでもないという私のようなハンデを背負った人がやるべきことというのは、ひたむきに努力すること。

 

ウサギとカメの童話がありますよね。

みなさんご存知だと思いますが、ウサギは生まれ持った能力を生かさず、慢心により無残にもカメに敗北したわけです。

 

カメからするとありがとうというより、舐めてんのかと言いたくもなるでしょう。

 

ウサギが慢心せず努力していればなんの問題もなくカメを置き去りに出来たはず。

 

そして、カメにできることは、ひたすら進み続けることのみ。

 

勝てるかどうかは分からなくても進み続けるしかないのです。

 

人生も似たようなもので、たとえカメでもウサギに勝つにはいつか追い抜けると信じて進み続けるしかないわけです。

 

ただひたむきに…

 

あーウサギになりたい。

 

MA-YANでした。

 

 

 

何かを始めるには、一つのことに魂を売ろう

こんにちは。

土日で為替市場が休みでも、デモトレードに魂を売るMA-YANです。

 

今日はとても大事な話

私にとってというだけでなく、何かを始めたいという人にもきっと響く話だと思います。

 

つい先日、こんな事をツイッタランドで呟きました。

ちょくちょく投資の話をしているので、読者の皆さんは私が投資が好きという事を知ってくださっている方も多いと思います。

 

私の勝手な思い込みだったらすみませぬ笑

f:id:est_cub_1000RR:20190714162827p:image

シングルタスクが最強にして成功への唯一の道

そう、来たるべき日まで投資資金はすべてFXにフルスイングしてシングルタスクで資金を増やして、お金がもっとあればなぁという状況を減らそうという魂胆です。

 

一つに絞って危なくない?と思われる方もいるかもしれませんが、失敗したらしたでそれはそれで良いのです。

後悔のないように、できる事をやるには十分な資金を作れるレバレッジをかけるのが最短距離だと判断しました。

 

なので、これで失敗してもまたやり直せばいいのです。

たとえ他の方法でやっていればなぁと思ったところで、その方法でうまくいく保証などどこにもありません。

今私が最善だと思う方法でやってみて、ダメだと思ったらやり方を変えれば良いのです。

 

もともと投資のきっかけも株を最初に始めてFX、仮想通貨という感じで分散してやっていました。

 

いろいろやっていると、リスクは分散できるのですが、なによりしんどいのです。

あれもこれもやろうとすると、全然時間が足りません…

 

投資だけの話ではなく、なにかの事業をやるときでも同じですが、あれもこれも網羅的にやろうとすると大抵うまくいきません。

 

マルチタスクをうまく使いこなせる人は、かなり頭も要領も良い限られた人間になってしまいます。

大体の人はシングルタスクの方が圧倒的に結果が出しやすいのです。

 

そりゃそうですよね。

 

例えば中学生のあなたがプロ野球選手を目指そうとして、野球に打ち込んでいたとします。

 

しかし、サッカーもバスケも好きで、どれかで成功出来ればいいなと3つ同時に部活をやったとしましょう。

 

普通に考えて成功出来るわけないですよね?

 

人に与えられた時間はみな24時間で平等です。

 

その中の限られた時間をいかに使うかが成功にかかっているのに、他の人が野球にかけている3時間のうちあなたは1時間しかかけられないなんてとんでもないハンデです。

 

ゲームでいうところのベリーハードモードっていうやつです。

 

もちろんそれを補って余りある才能の持ち主なら問題ないでしょうが、そんなものは漫画やアニメだけです。

妄想にすぎません。

現実はとても残酷です。

 

世間一般の人間が飛び抜けて成功しようと思うのであれば、一つのことに圧倒的に努力していかなければいけないのです。

 

もちろん、ブチ抜いて成功してやるぞという気持ちでやるわけでないのなら、わざわざ一つに絞る必要もないのかもしれませんが…

 

話を戻して、私は当面資金を増やしていく手法はFXに絞りました。

FXに魂を売ることに決めたのです。

 

やる事が決まればもうあとは簡単です。

 

やるだけなのですから。

 

ちなみに

どうやってやるか

ということについては、最初に大枠を決めておいて、実際にやりながら修正しないといけない部分を直していくのが良いでしょう。

 

見切り発車はいけませんが、完璧を求めてから始めるのでは、いつまでたっても始められません。

完璧を追求してるうちに人生が終わってしまいます。

 

一つの事に魂を売る

シングルタスクが一番良いという事に気づいたのは3〜4年前のこと。

私が勤めている会社では、メインの事業のほかにいくつか事業をやって失敗を繰り返す実績がありました笑

今でもメインの事業がしっかりしていないのに、ほかの事業をやって会社が傾いています。

 

全ては経営者の判断なので私は文句を言う気もありませんし、もうすぐ辞める立場なので言える立場でもないのですが、失敗から何も学ばないんだなと思ってます。

 

それと同時に、こんな近くに失敗を学べるチャンスがたくさん転がっているのは良い経験だとも思ってました。

 

たしかにいろんな事にチャレンジするのはいいことだと思います。

しかし、これだという確固たるものが一つあってこそのチャレンジだとも思っています。

 

私は今年29歳になりました。

20歳の時に立てた目標は30歳までに独立するというもの

えらくざっくりですが、ぼんやりとした目標にしたのが悪かったですね。

 

その為ある意味独立で目標達成なのですが、20歳の時に思っていたのはバイク屋として独立できたらなぁとぼんやりしたもの。

そこからすると、思い描いた形とは違っていますが、経済的自立を達成できた時に初めて独立成功と言えるでしょう。

 

その為来る日も来る日も勉強しています。

これ以上は無理だと思えるくらいにやっていこうと。

 

30歳まであと1年を切りました。

30歳までに確実に経済的自立を確立するために、日々フルスロットルでやっていきます。

 

そして今年の5月に一冊の本を読んでシングルタスクに確信を持てました。

与沢翼氏の「ブチ抜く力」

f:id:est_cub_1000RR:20190714170740j:image

本のことについては、以前ブログで記事にした事があるので、良ければ読んでみてください。

 

すごく参考になった本です。

この本で一番強調されているのは、一つの事に魂を売るという事。

シングルタスクで圧倒的な成功を収めることの重要性が書いてあります。

 

この本を読んで、やはりシングルタスクが成功のための最短距離だなと確信しました。

 

この記事を読んでくださる人の中で今から何か始めようと思う人はシングルタスクを意識してみる事をおすすめします。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

MA-YANでした。

 

水信玄餅っていいよね

こんばんは。

心安らかに生きていきたいMA-YANです。

 

今日はブログ開始してから初めてかもしれない食べ物の話。

 

信玄餅

f:id:est_cub_1000RR:20190713212434j:image

ってご存知ですか?

関東圏のバイカーの人にはひょっとすると馴染みがあるかもしれません。

このプルプルして透き通った感じが可愛いですよね。

 

一般に信玄餅と言えば、山梨土産の定番とも言えるので有名ですよね。

風呂敷に包まれた餅というイメージが強いと思います。

f:id:est_cub_1000RR:20190713212934j:image

 

一方で水信玄餅は、山梨県金精軒というお店で売られている信玄餅で、南アルプスの水で作られています。

 

南アルプスの水で作られていると聞くだけで美味しそうな気がしますよね笑

 

金精軒様のホームページはこちら

 

この水信玄餅、食べるには結構ハードルがあります。

毎年6月~9月の土日にしか販売されません。

祝日などもやっていないので、純粋な土日のみ。

しかも1日700食限定。

賞味期限が極端に短いため持ち帰りもできず、予約もできないため、食べるには朝から配られる整理券をもらうしかないのです。

 

整理券が配られるのは朝7時ごろとの事。

午前中に売り切れになってしまう事も頻繁なようです。

遠方から食べにいくには前乗りが必要かも…

 

ちなみに私は食べたことがありません…

なぜ水信玄餅の話題なのかというと、今日仕事から帰ってくるとわらび餅が家にあったのです。

 

透明なわらび餅を見ていると、だんだん水信玄餅の事を思い出してきたのです。

 

あのツイッタランドのバイク界隈で夏場になると見るやつ!

 

と調べていると、すごく食べたくなってきたわけです。

 

きっと皆さんも食べたくなったことでしょう!

 

私は仕事辞めたら土日食べにいきます!

 

皆さんも是非食べてみて感想教えてください!

 

MA-YANでした。

 

 

 

投資初心者が必ずやるべき資金管理

こんばんは。

日差しが強いと眠いMA-YANです。

 

今日は資金管理について

f:id:est_cub_1000RR:20190712215441p:image

昨日に続いて今日も投資の話です。

昨日は投資で重要な3つのスタンスについて話をしました。

まだ見てないよという方はこちらから↓

 

今日はこの中で私が一番大切だと思う資金管理について掘り下げたいと思います。

 

金管理…

そんな大事なの?

と思う人は意外と多いかもしれません。

 

なぜなら資金管理を守っていれば投資で失敗して破産する確率はかなり低いからです。

 

投資で失敗して破産する人がいるという事は、少なからず一定数の人は資金管理をしていないということ。

 

そして本題の資金管理はどうすれば良いのか?ということについて。

 

答えは簡単で、リスクに晒す資金を制限する事。

 

そんなの当たり前じゃんと思うかもしれませんが、結構難しいものです。

 

以前、投資は余裕資金でやりましょうという話をした事があるのですが、その理由は最悪無くなっても良いお金だからです。

 

投資用の口座にお金を入れた段階で、もう手元には引き出せないと思うくらいの心構えがいいでしょう。

 

そして、具体的にどうリスクに晒す資金を管理するかという話。

 

これは、損切りの為の許容損失を決める事にも直結してくる話です。

 

投資をやれば、当然負けることも考えなければなりません。

負けた時にどこまで損失を許容できるか?

という部分はリスクに晒せる資金量によるのです。

 

よりリスクの高いレバレッジ取引のできるFXを例にとってみましょう。

 

国内のFX取引の最大レバレッジは25倍です。

 

これは投資家を守るために制限されて抑えられた数字です。

過去にはもっと高いレバレッジがかけれたということです。

それだけ無謀な取引をして悲惨な目に合う人が多かったということでしょう。

 

少し想像してみてください。

 

たとえば、口座に50000円入れてあったとして、50000円全額損失を許容できるわけありませんよね?

持っているお金が50000円なので、損失50000円であれば終わりです。

実際はその前に強制ロスカットで終わりですが。

 

もし、あなたが資金全額をかける取引を毎回行ってその勝率が99.9%だったとしましょう。

 

その場合あなたが破産する確率は…

 

100%です。

 

0.1%の負けでも、資金全額をかける取引をしていれば一回負けるだけで破産です。

 

では損失はどれくらいまでなら大丈夫と言えるのか。

 

一般的に1〜3%と言われています。

 

個人的には3%でも少し危ないかなというくらいです。

 

出来れば1から1.5%くらいがいいでしょう。

 

資金が50000円であれば、一回の取引で出せる損失は500円から750円ということですね。

 

この数字を見て少ない!と思ったことでしょう。

 

実際1万通貨単位で取引をするには、かなり損できる金額が少ないので、損切りを入れるラインがすごく近いため取引ハードルがかなり高いです。

 

なんというジレンマでしょう

 

初心者でお金が少ない人ほど、エントリー出来るタイミングが限定されて上手な取引を求められるのです。

 

けれど、それほど資金管理はシビアなのです。

 

お金が少ないうちは1千通貨単位での取引がいいかもしれません。

損切り幅も広く取れるので、取引の幅が広がります。

 

そして、リスクに晒す資金の割合は、いくら資金が増えても増やしてはいけないのです。

 

資金がいくらであろうと、資金に対するリスクを増やせば増やすほど破産への道を突き進む事になるのです。

 

逆に、資金管理をきっちり守っていれば、破産する確率はかなり低く出来ます。

 

 

人は欲深い生き物です。

それ自体は悪いことではないですが、欲は脳を悪い方向へ、都合のいい方向へと導きます。

 

自分を律して資金管理を行う事。

 

それが投資で成功するために、成功してからも守るべき基本中の基本です。

 

皆さんの投資人生に幸あらんことを

 

MA-YANでした。