ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

全力でエストレヤの良さを伝えます

こんにちは。

 

みなさんバイク好きですか?

 

え、好き?

 

じゃあエストレヤの良さを話すね。(強引

 

というわけで

早速エストレヤの魅力に迫りたいと思います。

 

エストレヤのことをよく知らない人もこれを読めばきっとエストレヤが好きになるはず☆

 

KAWASAKI ESTRELLA

f:id:est_cub_1000RR:20190617135739j:plain

画像はエストレヤのファイナルエディション

エストレヤって名前がまずかっこいいよね。

アルファベットのESTREELAはスペイン語で星という意味

 

本当の意味でキラキラネームです!

 

そんなエストレヤはどんなバイクなのか、よく知らない人にもわかるように説明していきます。

 

エストレヤとは?

エストレヤ(ESTRELLA)とは、川崎重工業が製造していたオートバイ。

1992年から製造販売されて、惜しくも2017年のファイナルエディションを持って生産終了となりました。

 

25年間も製造、販売されてきたロングセラーモデルですね

 

そしてエストレヤの特徴といえば、そのスタイリング。

 

昔のメグロやBSA風のクラシカルだけど洗練されたスタイルで多くの人に愛されてきました。

エンジンは単気筒の250㏄と速さを求めたバイクではないですが、単気筒ならではの鼓動感と音は速さ以上に価値があるものと思えます。

 

その性格から女子向きのバイクなどと揶揄されることもありますが、馬鹿にする人はきっと、扱いやすい特性とかっこいい見た目に嫉妬しているだけなのです。

 

実際私も300KM以上出るバイクにも乗ってきましたが、扱いきれるものはほとんどありませんでした。

そして性能を発揮するにはサーキットしかないのです。

これは断言できます。

いくら飛ばせる峠道でも100馬力もフルに使えないでしょう。

 

その点エストレヤは、なにより飛ばしたくならないというのが安全運転においても大きなメリットですよね。

 

続いてエストレヤの種類のご紹介

エストレヤには大きく分けて5種類あります。

 

ひとつづつ解説していきます。

 

エストレヤ(キャブ)

最初に出たエストレヤのシリーズ。

特徴は前後で別体のサドルシートで、前後ディスクブレーキでした。

f:id:est_cub_1000RR:20190617143756j:plain

画像引用元:エストレヤの系譜

最初はリアサスペンションがリザーバータンク付きだったんです。

この逆付けがまたかっこいいですよね。

この初期エストレヤは1999年で生産終了

エストレヤRS

1995年に登場

初期エストレヤに続いて登場したのがエストレヤRS

一番の特徴は前後一体のダブルシートになったこと。

それに合わせてハンドルバーも変わりました。ちょっと低くなったかな?

ブレーキは前後ディスクのまま。

2002年から2006年までクロームメッキの外装のリミテッドというモデルが毎年出ていました。

エストレヤRSは2006年で生産終了しました。

 

そして私が乗っているのもRSのリミテッドです。

f:id:est_cub_1000RR:20190429133523j:plain

 

ロームメッキがおしゃれポイント。

 

エストレヤカスタム

1996年に登場

見た目は初代エストレヤに近く、違いは前後ブレーキがドラムに変更された点

フォークブーツも採用されてよりクラシック感に磨きがかかりましたね。

2006年まで製造されました。

f:id:est_cub_1000RR:20190617145354j:plain

画像引用元:グーバイク

 

エストレヤRSカスタム

1996年に登場

ロングシートを採用したRSモデルと、前後ドラムブレーキを採用したカスタムモデルを足したモデル

1999年に生産終了と、あまり長く販売はされませんでした。

f:id:est_cub_1000RR:20190617150339j:plain

画像引用元:バイクペイント.COM

 

エストレヤ(FI)

2007年に登場しました。

このインジェクションモデルの登場により、エストレヤのラインナップはこの1種類に統一されました。

大きな特徴は何といっても燃料供給方式がキャブレターからインジェクションに変更されたことでしょう。

厳しくなる排ガス規制にも対応できるよう進化を遂げたモデルです。

 

インジェクションに変化したことに伴い、メーター周りも進化。

スピードメータのみだったキャブモデルから、タコメーターが追加された2連メーターになりました。

そしてスピードメーターの取り出し方法も機械式から電気式へと変わりました。

これに伴い、キャブモデルとはフォーク、アクスル、ブレーキなど部品が大きく変わっています。

 

シートは前後一体のロングシートのみとなり、ブレーキはフロントがディスクブレーキ、リアがドラムブレーキとなりました。

ディスクブレーキに関しても、方押しの1PODから2PODへと進化。

 

このモデルは途中でエンジン特性の見直しや外装の変更などもありながらエストレヤ生産終了の2017年まで製造されました。

f:id:est_cub_1000RR:20190617152054j:plain

画像引用元:response

 

エストレヤもこれだけ種類があったんです。

みなさん知っていましたか?

25年も愛され続けてきたのは、その普遍的なスタイリングと、時代に左右されない独自性にあったのでしょう。

 

新車価格は50万円越えと250CCクラスの中では高めですが、使われている部品や、メッキ処理、研磨仕上げなどの手間を考えてもその高級感は250㏄と思えないほどの仕上がりの良さです。

 チープな印象とは無縁です。

 

 

 

 

しかしエストレヤの魅力はそれだけではありません。

カスタムベースとしてのエストレヤ

エストレヤはカスタムベースとしても非常に魅力的です。

カスタムの方向性も、ストリート、カフェレーサー、オフ、クラシック、ボバー、チョッパー、フリスコとどんなカスタムにも柔軟に対応できます。

その拡張性の高さからヤマハのSRと並んでカスタムベースとしてさまざまなカスタムショップから重宝されているのです。

 

このカスタムは無限の可能性を秘めているので自分の好きなように車体を作ることができるのです。

どんなカスタムがあるのか気になる方は、「エストレヤ カスタム」とぜひ調べてみてください。

 

ちなみに私のエストレヤは一応ストリート系です。

f:id:est_cub_1000RR:20190617154023j:image

 

 一応と書いたのは、特に目指しているスタイルがあるわけではなく、あくまでエストレヤっぽいスタイルでカスタムしていたらたまたまこうなったというかんじなので笑

これもある意味エストレヤのカスタムの醍醐味かもしれませんね。

 

そのほか詳しいカスタム内容については以前に愛車紹介で書いていますので、よければチェックしてみてください。↓

www.estrellarr.work

 

www.estrellarr.work

 

 とまあエストレヤには今まで大型バイクが余裕で買えるくらいお金をつぎ込んでいるわけですが笑

ちなみに大型バイクにも、大型バイクが買えるくらいはお金かけてたので、そのお金で大型バイクが買えたのに。みたいな不毛なツッコミは無しでお願いします笑

 

特に後悔もしていませんし、これからもエストレヤにはたくさんお金をつぎ込もうと思っています。

完全にバカですよね笑

 

でもいいんです。私はエストレヤが好きなんです。

 

 

まとめ

ここまで長々とエストレヤのことを書いてきましたが、みなさんにエストレヤの良さが伝わりましたでしょうか?

 

ひとりでも多くの人にエストレヤの魅力が伝わればいいなと思い記事にしてみました。

 

これを読んでエストレヤを買いたいと思ってくれた方が一人でもいたら嬉しくて涙が出ると思います。

 

すでにエストレヤに乗っている皆さん、そしてこれからエストレヤに乗りたいみなさん、エストレヤが好きな人はみな仲間です。

 

これからも仲良くしてください。

 

そして、エストレヤのことで悩んでいることがあればみんな優しいので相談に乗ってくれます。

そしてツイッターにはエストレヤの神がいます。

わからないことはエストレヤの神に聞けば解決するでしょう。

 

みんなで広げようエストレヤの輪!

 


カワサキ W エストレヤ の世界 (サンエイムック)

 


カワサキエストレヤ/250TRカスタム&メンテナンス

 


カワサキエストレヤ/250TRカスタム&メンテナンス

 

アイスヒューズって何それ

こんばんは。

 

最近は車やバイクの電気系チューニングアイテムがトレンドとなってきていますね。

 

主に静電気を除去したり電気抵抗を低減する事で、燃費や走行性能を向上させるグッズのことです。

 

バッテリーのターミナルに付けたり、ボルトを変えたり、アルミテープを貼ったりと様々な商品が出ています。

 

効果があるとかないとかオカルトだのと賛否あるようですが、理論的にはあり得そうです。

 

そして今日たまたま見つけた電気系の改善グッズがアイスヒューズというもの

f:id:est_cub_1000RR:20190616211727j:image

出典AQUA様ホームページ

 

アイスヒューズ?…

f:id:est_cub_1000RR:20190616214849p:image

冷やしたヒューズ?と頭の中でハテナマークがたくさん浮かんだので、調べてみました。

 

アイスヒューズとは

ICE FUSE は、超電導実験と近い処理方法 (-196°Cの液体窒素で凍らせることによって金属の原子の 並びを整頓させる方法) で電気の流れをスムーズにすることに成功したヒューズです。
この処理は宇宙開発、油田探査、リニアモーターカーMRI発電所、楽器やオーディオ機器などで活 用されてきました。

その技術をようやく車やバイクで使う時代になったのです。

オーディオケーブルでは 銅や銀の素材だけでなく、金属の純度やメッキにまでこだわったものがたくさんあります。

しかし、その こだわった金属の全てを原子レベルでコントロールするのがこの ❄ICE FUSE の技術なのです。
その技術をヒューズに注ぎ込みました。

そして、ヒューズ自体もアジアの大量生産品でなく、純正が採 用する銀メッキの同等品(ATOはスズメッキ)を用意し、元になる素材も大切なのを忘れていません。
ヒューズは保護回路として考えられてきました。

本来であれば必要ないくらいのもの。

しかし電気回路を 守るためには必需品。

ヒューズ本来のロス、ヒューズの接点ロスなど、電気をスムーズに送電するために はヒューズの存在は矛盾な存在でした。
この矛盾をなんとかならないか? むしろあきらめていたほどです。
ヒューズのマイナスな存在をプラスな存在に変えるのが ❄ICE FUSE です。

united sound様ホームページより引用

 
つまり、アイスヒューズは冷やしたヒューズという事で合ってるようです。

 

確かに電気抵抗は温度によって抵抗値が変化するので、冷えていれば抵抗は少なそうではありますが…

 

一番小さなヒューズでも900円以上と値段はお高めなので、車のようにヒューズをたくさん使用しているものを交換するには結構お金かかります…

 

試してみるには少し勇気が要りますね。

 

バイクであればヒューズの数が少ないのでまだ入れやすいかも?です笑

 

 

オーディオで欠かせないのが低抵抗

電気抵抗でいうと、オーディオ好きな人は電気抵抗を減らすと音が良くなるという事をこだわってケーブルや端子などを変えたり、好みのものにしている人が多いと思います。

 

実際抵抗値によって音が変化することは間違いないので、抵抗を減らして音質が上がるということは事実でしょう。

 

オーディオマニアの人たちのこだわりには感心します。

中には究極の音を求めて自分用の電柱を立ててしまう人もいるほどです。

 

すごい探究心です。

すごいけど、真似できません…

 

 

話戻してアイスヒューズ。

全体で交換すれば結構なお金かかりますが、例えばオーディオのヒューズだけアイスヒューズに変えるなどでも効果は体感できるかもしれません。

電気抵抗が減ることによって走行性能も変わるそうです。

 

ここまでお話してきて、私もアイスヒューズが気になってきました笑

まだアイスヒューズを入れる勇気が無いので、どなたか人柱になって試してくださる方を募集してます笑

 

アイスヒューズを入れている方、しょうがないから試してやるよ!という優しい方は是非レビューをお願いします!

 


ICE FUSE アイスフューズ 平型ヒューズ IF-ATO15A ATO(ATC)タイプ ブレード型 15A 1個入り

 


ICE FUSE アイスフューズ ミニヒューズ IF-MIN7.5A MINIタイプ 7.5A 1個入り

 


AZ(エーゼット) オーディオ機器用 接点復活オイル PRO 50ml 接点の酸化・硫化防止、汚れ除去、ガリノイズ解消

 

改めてスーパーカブの魅力を考えよう

 

こんばんは。

 

今日は世界の名車ホンダ スーパーカブの魅力について改めて考えてみたいと思います。

f:id:est_cub_1000RR:20190615222322j:image

スーパーカブの魅力

 

そもそもスーパーカブの歴史は1958年のC100型スーパーカブから始まりました。

f:id:est_cub_1000RR:20190615210723j:image

その後60年以上に渡って生産され、累計1億台以上も生産されています。

 

すごいですよね!

 

スーパーカブが成し遂げた事

以下Wikipediaより一部引用

スーパーカブ・シリーズは20世紀のモータリゼーション史上において、T型フォードやフォルクスワーゲン・タイプ1の自動車にも比肩しうる貢献を残したオートバイであり、小排気量オートバイ分野ではイタリアのピアッジオ社が製造するベスパと並ぶ世界的ロングセラーである。本田技研工業の調べでは、本シリーズの累計生産台数は2017年(平成29年)10月時点で1億台に達し、輸送用機器の1シリーズとしては世界最多の生産台数および販売台数を記録。さらに同年5月には車名やエンブレム類を表記しない状態での車体形状が、乗り物としては日本で初めて立体商標として登録された。

耐久性と経済性に優れ、発売開始後50年以上を経ても多くの原設計を引き継ぎ、改良を続けながら継続生産販売されている。

 

スーパーカブの強み

これだけ長い間愛され続けるスーパーカブの強みはどこにあるのでしょう?

 

  • 突出した耐久性
  • 乗りやすさ
  • 親しみやすい形

 

私はこの3つに集約されているのではないかと思います。

一つずつクローズアップしてみましょう。

 

耐久性

毎日の郵便配達や出前、営業の外回りなど、何万キロ、何十万キロと過酷な環境で健気に働くカブ。

その耐久性はバイクの中でもトップだと言っていいでしょう。

 

もともとの開発背景には、ビジネスユースや未舗装路の走行、過積載などあらゆる使われ方を考慮して設計製造が行われているのです。

 

車体からエンジンに至るまで無限の可能性を秘めているのがカブです

 

 

乗りやすさ

ビジネスユースなどでは特に運転のしやすさが求められます。

特徴的なのはクラッチを必要としない、自動遠心クラッチの採用です。

 

クラッチを必要としない事で片手がフリーになるため、そば屋さんのように片手が塞がっても運転できるのです。

 

ウインカー操作も右手で完結できるように配置されていたのも特徴です。

 

 

そしてギアチェンジはロータリー式のミッションを採用しています。

郵便屋さんなど、短時間でストップアンドゴーを繰り返すことが多い人の為にすぐに発進出来るように配慮されているのです。

 

 

親しみやすい形

カブ最大の特徴はその形と言っても過言ではないでしょう。

その車体形状で乗り物として日本で初めて立体商標に登録されるほど親しまれています。

 

中でも1番の特徴はレッグシールドですよね。

f:id:est_cub_1000RR:20190615222422j:image

 

車体を覆うように配置されたレッグシールドのおかげで服に汚れがつきにくいうえに、スカートを履いた女性でもまたがりやすいように車体フレームが低く配置されています。

f:id:est_cub_1000RR:20190615223016j:image

 

まさにスーパーカブは実用という言葉を具現化したようなバイク

 

まとめ

今日はスーパーカブの魅力を改めて考えてみましたが、皆さんにもスーパーカブの魅力が伝わりましたでしょうか?

これからも100年、200年とカブシリーズが続いていくことを願ってやみません。

 

みんなでスーパーカブに乗ろう!

 


スカイネット 1/12 完成品バイク ホンダ スーパーカブ50 出前機付

 


フジミ模型 1/12 NEXTシリーズ No.1 ホンダ スーパーカブ110 (アーベインデニムブルーメタリック) 色分け済み プラモデル 12NX-1

 


スーパーカブ5 (角川スニーカー文庫)

成功したければ物事の本質を見よう

こんばんは!

 

昼間マルチ商法の本質を指摘するツイートしたらフォロワーさんが20人ほど減ったMA-YANです笑

 

今日は物事の本質についてお話したいと思います。

f:id:est_cub_1000RR:20190614205445j:image

 

タイトルで成功するには物事の本質を見抜く事が必要だと書きました。

 

それはなぜか?

 

簡単な話で、物事の本質を見ないとその物事の理解が出来ないからです。

 

どんな物事でも言えることで、物事の本質を正しく捉えていないと、間違った解釈をしてしまいます。

 

昨日の記事でも触れましたが、本質を理解していないが故に誤謬ということが起きるのです。

 

誤謬って何?という方はこちらの記事をどうぞ⬇️

 

誤謬は損失に繋がることに直結しているので、避けなければなりません。

誤謬イコール損失です。

 

普段生活していく中で、皆さんは本質というものを意識していますでしょうか?

 

無意識で本質を見抜いている人も稀にいますが、その人は天才なので参考になりません笑

 

普通は意識しないと物事の本質は見れません。

物事を深く考えないといけないからです。

 

なんか難しいなと思う人もいると思いますが、

物事を深く掘り下げて見るというのは意外と面白いものだと思いますよ笑

 

本質の重要が少しは伝わりましたでしょうか?

 

では、

本質を見抜くにはどうしたらいいのか?

 

本質を見抜くには何が必要か

 

それは疑問を持つことです。

 

一つの物事に対していくつもの疑問を持ち、客観的な目で見るだけで物事の本質にグッと近づく事ができます。

 

もちろん一朝一夕で身につく物ではありません。

常日頃から物事の本質を考えていくことで身についていくものです。

 

リーダーとなる人にはこの本質を見抜く力が必要となります。

 

成功している人は皆物事の本質を理解しています。

 

すでにリーダーの立場である人はもちろん、これからリーダーになる人もリーダーを目指す人も知っておいた方が良いこととなります。

 

疑問を持つというやり方のコツをお話しすると、質問する癖をつけるというのが私のおすすめです。

 

質問する癖をつけていると、常に疑問が湧いてくるからです。なぜ?どうやって?だれが?どういうふうに?とあらゆる側面から疑問がわくのです。

 

一つ例を出してみます。

例えば最近のトレンドである自己資金2000万円問題。

年金だけではダメで、老後資金で2000万いると話題になってますよね。

麻生さんが否定をしましたが、このニュースの本質はどこにあるのでしょう?

 

  • そもそも2000万円という数字は何故出たのか?
  • 2000万という数字はどうして必要なのか?根拠は?
  • 金融庁の試算のベースとなる背景は?
  • 何故今発表したのか?
  • 麻生さんは何故否定するのか?
  • 否定する根拠は?
  • 2000万問題が出ることで誰が不利益を被るのか?
  • 2000万じゃないならいくらなの?
  • 本当に伝えたかった事は?

 

といくつもの疑問が生まれると思います。

 

一つずつ掘り下げていくと点と点が繋がっていき、理解できると気持ちがいいです笑

 

こういったように物事の本質を見抜くというのは、他の人よりもたくさん考える事で頭の運動にもなりますし、頭の回転も良くなります。より成功への道が近づきます。

 

なにより知識量が莫大に増えます。

 

それだけでもアドバンテージになるので、物事の本質を理解するという事はメリットだらけです。

 

皆さんも無意識にも物事の本質を見抜けるくらい常日頃から意識してみてはいかがでしょう?

 


「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

 


失敗の本質

投資家やギャンブラーが陥りやすい罠

こんばんは。

 

今日は経済と投資に関する話を少し。

 

アメリカは5月の雇用統計が思ったよりも悪かった事を見通して市場も伸び悩むかと思いましたが、前倒しの利下げの影響で少し持ち直し…したものの材料に乏しい状況下ではやはり下降してきました。

f:id:est_cub_1000RR:20190613220947p:image

日本経済への影響としては、思ったよりも円高が進んでいない事を考えると、イラン外遊の安倍総理の動向は気になるところ。

 

G20もありますし目が離せませんね。

外国為替をやるには少し難しいタイミングになっています。

 

個人的には今は待ちのタイミングかなと。

 

損切りラインさえ決めてしまえばスイングで突っ込むのも面白い気はしますけどね。

 

 

 

 

話をタイトルに戻します。

 

利用可能性の誤謬と再現性

 

なんだそりゃと思ったかもしれません。

 

聞き慣れない言葉だなーと思う方もいるかもしれませんが、ギャンブルをする方や投資をやっている方なら聞いたことあるかもしれません。

 

簡単に言うと、確率論と統計学と人間の心理の話といったところです。

 

言葉の意味を砕いて説明していきます。

 

利用可能性とは

ある事象が起きる確率や頻度を考える際に、最近の事例やかつての顕著な事例を思い出し、評価すること

 

誤謬とは(ごびゅう)

論証の過程に論理的または形式的な明らかな瑕疵があり、その論証が全体として妥当でないこと。つまり、間違っていること

 

難しい文章になってしまいましたが、噛み砕いて説明すると、以前同じようなことがあった時はこうだったから今回もこうだろうという人間の心理的に陥りやすい間違い

といったところです。

 

ギャンブルなんかだとよくあるのではないでしょうか?

「このパターンは前にもあったから、こうなるはず!」というような思い込みからくる行動です。

 

では再現性は?

同一の特性が同一の手法により発現するとき、その結果の一致の近さのこと

 

良く再現性が高いといいますが、利用可能性と違い、論理的に再現をさせることができるもの。

 

 

つまりどういうこと?

つまり…

投資家やギャンブラーが陥りやすい誤謬ですが、心理的に再現可能だと思う事は危険

 

という事です。

 

この罠に陥る人は失敗します。

 

再現性を狙うには確固たる証拠が無いといけません。

本質を無視すると痛い目に合うという事ですね。

本当に正しいかどうかという見極めが大事です。

 

投資やギャンブルをする人はこれを頭に入れておくだけで自然とブレーキがかかって失敗のリスクが抑えられます。

 

だからといって実行するのは結構難しい事です。

人間の心理は良く出来ていて、意識していないとどんどん都合のいいように解釈してしまいます。

 

心を無にすることが出来れば成功する確率がグンと高くなるので、目指すところは無かもしれませんね

 


マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本 (池田書店)

 

退職届っている?

こんばんは。

 

今日退職届を提出しました

f:id:est_cub_1000RR:20190612220707p:image

 

引き継ぎのスケジュールも決まり、退職の日も無事というかようやく決まったので退職届を出す事となりました。

 

最初に退職の意向を示してから3週間ほど経ってようやく退職届の提出となったので、肩の荷がおりた気分です。

 

会議や経営に関する打ち合わせ的なものにも参加しなくていいので、退職するんだなという実感が少し湧いてきました。

 

会社に残る人には迷惑かけて申し訳ないなと思いますが、わがままでも自分のやりたい事を我慢せずにやっていこうと思います。

 

さて、退職届を書いていてふと、退職届っているのかな?と思いました。

 

退職届を書いた事ある人は結構いると思うのですが、退職の合意がされているのであれば退職届をわざわざ出す必要もないのでは?と思ったり。

 

実際退職届を出さないケースもそこそこあると思います。

 

退職届を出す意味とは

 

  • 退職届は一方的な契約の解除を示すもの

 

だそうです。

 

退職届を出す事で、退職届を出してから2週間で労働契約の解除が出来ます。

 

退職届を出して2週間経てばすぐ辞めれるという事

 

つまり、退職届を出す意味は、雇う側の都合関係なく辞めますという一方的な意思表示となるというわけです。

 

ということは、退職の合意が行われているのであればわざわざ書くことないのでは?

と私は思ってしまいます。

 

一方で、退職願は雇用者との合意によって労働契約を解除しようというもの。

 

あくまでも会社を辞めたいが、会社と合意の上で労働契約を解除したいという穏やかな退社方法といえるでしょう。

 

つまり、退職願の場合は会社の合意がなくては辞めれません。

 

会社によっては退職願を出してから、合意が得られた後で退職届を出すというケースもあるようです。

 

めんどくさいよね?

 

完全に個人的な意見ですが、LINEで辞めますでいいと思います。

わざわざ書面にこだわらなくても、今は携帯もタブレットも進化してるからそれでいいんじゃないの?

 

退職届っている?

 


労務 38/退職願

 


年に一度は、退職届を書きなさい

 

 

ブログ開始から60日の経過報告

こんばんは。

 

昨日でブログ開始から60日が経過しました^_^

f:id:est_cub_1000RR:20190611215315p:image

 

60日毎日継続して記事を書くことが出来ました!

 

60日間で書いた記事は71記事です。

 

1日2記事を書いてる日もありましたが、基本的には1日1記事を最低ラインにしています。

 

振り返ってみると良く継続できたなという感じですが、だんだんブログを書くことが習慣化してきているので、これは良い傾向だと思います。

 

 

現在の読者さんの数は296人!

 

あと4人で300人です!

 

本当にたくさんの人が読んでくれて嬉しい限りです。

やはりブログを見てくれているというのは非常に大きなモチベーションになります。

 

いつも読んでくださっている方本当にありがとうございます!

 

スターやコメントを下さる方のおかげで続けていく事が出来ています。

 

これからも毎日ブログ更新を続けていきます。

 

応援よろしくお願い致します!

 

現在のアクセス数はこちら⬇️

f:id:est_cub_1000RR:20190611211928j:image

 

結構日によってばらつきはありますが、今月に入ってからのPV数を1日平均すると約90PVとなります。

 

最初の1週間ほどは1日1桁のPVがほとんどでしたが、読者さんが増えるにつれ徐々にPVも増加してきています。

 

直近の目標としては、やはり平均100PVを目指していきたいところです。

 

ブログは質より量とか量より質だとか様々な意見がありますが、両方のバランスが保たれてこそのブログだと思いますので、出来るだけ質の高い記事をたくさん書いていければと思っています。

 

最初このブログを始めるにあたって、特化ブログにするか雑記ブログにするか悩みました。

 

あれこれ考えたのですが、結局自分が皆さんに伝えたいことを発信していくための場なので、今のような形になっています。

 

60日も続けていると、ネタが無くなるのでは?と思ったりもするのですが、幸いにも多趣味でいろんなことに手を出して経験してきたので今のところネタには困っていません。

 

ネタには困っていないのですが、何を記事にするかというところがすごく悩みます。

 

いろんなジャンルの記事を書いていると、読者さんが知りたい情報がどういった系統が多いのかというところに悩みが出てきたのです。

 

特化型のブログであればそういった悩みは少ないと思いますが…

 

ビジネスでもターゲットを絞るのが鉄則なのですが、あくまでも多くの人に記事を届けたいというのが一番なので、そこは無理にターゲットを絞らずこれからもやっていきたいと思います。

 

とはいえ、このブログを読んでくださる読者さんがどういう記事が読みたいのかどういうジャンルに興味があるのかということに関しては、好奇心が抑えられないのです笑

 

そこで、ツイッターにてゆるく書いて欲しいネタを募集することにしました。

 

アカウントはこちら⬇️

MA-YAN@初心者ブロガー (@ma_yan10r) | Twitter

 

わたしの知っている知識の範囲でしか記事を書けないので、もちろん書けないジャンルもあります…申し訳ありません。

 

得意なジャンルを一応書いておきます

  • バイク
  • 筋トレ
  • ダイエット
  • 投資
  • 経済
  • 心の話

 

ゆるぼなので、お気軽にコメントください。

質問とか相談的な話でも良いですよ。

 

気長にお待ちしております。

 

以上ブログ開始から60日の経過報告でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!