ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

疑うというのはとても大事

こんにちは。

約8年振りに金髪にしましたMA-YANです。

 

ブリーチは相変わらず頭皮にしみますね。

しかし、昔に比べてブリーチで色が抜ける時間がかなり短くなってました。

非常にありがたい事です。

 

今日は「疑いを持つ」という事について

f:id:est_cub_1000RR:20190806160041p:image

 

一般的に疑うという行為は相手に失礼で良くない行為だとされています。

しかし、人を信用するという行為は、信用の裏付けとなる確証が必要になります。

 

誰も見ず知らずの人を信用したりしませんよね?

いや、たまにいるか…

稀に人を疑うという事を全くしない人がいますが、尊敬を通り越して怖いですね。

 

1つ例を出してみます。

私はバイク業界で働いていたので、バイク屋さんを例にとってみましょう。

ある日始めて来店されたお客様がスーパーカブを買いに来ていたとします。

 

皆さんも経験があるかと思いますが、始めて入る店というのは少なからず不安があるものです。

「この店は大丈夫だろうか」と疑っているわけですね。

その不安を解消するために、店側は雰囲気作りや挨拶などを徹底しているわけです。

この最初の入り口でお客様の印象が良くないと、信用を得るのはより難しくなります。

 

そして、疑うという目線がある事で、客観的に物事を捉えやすくなります。

そのため悪いところを探そうとするのです。

 

それほどまで信用を得るというのは難しい事です。

 

いざ店員と話をする段階になったとして、スーパーカブを買いに来たのに、スーパーカブじゃ無いバイクを勧められたり、スーパーカブの説明を受けてもイマイチよくわからなかったりすれば、より疑いは強くなります。

 

人は第1印象が8割と言われますが、信用を得るためには話の信憑性や話し方はもちろん、見た目の印象なども重要になってきます。

 

疑うという事と信用を得るということは表裏の関係にあるわけですが、逆に最初に信用を得てしまうと疑うという事をしなくなります。

 

これが危ないところで、詐欺の手口はだいたい信用を得てから相手の疑うという視点を無くして詐欺を実行します。

信用できるというバイアスをかけて物事を見てしまうとその後で困る事があるということです。

 

常に疑いの目を持っていれば、おかしなところに気づくことができます。

 

よく詐欺に騙された人のドキュメントなどを見て、自分だったら絶対に引っかからないと思う人がいますが、これは客観的に見ているからおかしな部分に気付けるのであって、自分が当事者になると気づかないものです。

 

自分は絶対引っかからないというバイアスがかかっているというのが危ないところでもあります。

 

少し話を変えると、たまにこれだけやっておけば儲かるとか、これをやれば成功できるというような本や商材がありますが、これを盲目的に実行するのは危ないということです。

 

どうしてそのやり方が良いのか、本質はどこにあるのかと疑って、考えるという事をすれば具体的な事象を抽象的な事象に落とし込めるという事です。

 

一を聞いて十を知るということわざがありますが、何事も疑問や疑うという事をすれば、これに近づく事ができます。

一歩引いた目線で見ると、盲目的になりづらいという事ですね。

 

人を疑うというのは、なかなか罪悪感があるかもしれませんが、生きていく上で結構重要な事だと思います。

 

皆さんも様々なことに疑いの視点を持ってみてはいかがでしょうか?

 

MA-YANでした。

見切り発車は諸刃の剣

こんにちは。

ようやく体調回復してきたMA-YANです。

 

今日は行動すべきタイミングの話

f:id:est_cub_1000RR:20190805134858p:image

世の中なかなか行動出来ない人が多いです。

皆さんも経験あると思いますが、やった事ない事や、新しい事を始めるというのは億劫だったりします。

 

新しい一歩を踏み出すというのはとても勇気が要りますよね。

一歩踏み出す決断を下すというのは結構辛いものです。

 

そして決断を下す前には、行動する為の準備を進めると思います。

うまくいかなかったらどうしようという不安や、確実に成功させたいという気持ちがあるがゆえに、完璧を求めてから行動したいという欲が出たりするわけです。

 

かといって完璧を求めていると、いつまでたっても行動出来なかったりします。

意外とえいやーで一歩を踏み出すとうまくいったりします。

 

この辺りのバランスは非常に難しいもので、準備が足りないと失敗しますし、行動が出来ないと失敗することもあります。

 

まさに諸刃の剣です。

 

個人的には、失敗した時の事を想定さえしておけば、そこそこ準備出来たかなくらいで行動に移すくらいでいいんじゃないかと思います。

 

行動に移すまでは精神的にもしんどかったりしますしね。

行動に移してしまえば、後は何とかなるかなくらいの気持ちで十分かと思います。

 

行動は楽観的にやった方が焦りもなくうまくいくかもしれませんね。

 

皆さんの一歩がうまくいく事を願っております。

 

MA-YANでした。

 

 

自己表現という形

こんにちは。

嫁と二人で調子の悪いMA-YANです。

室内と室外の寒暖差はヤバイですね。

ちょっと散歩に出かけるだけで体がおかしくなりそうです。

皆さんも体調には気をつけて、無理をせず夏を乗り切ってくださいね。

 

今日は自己表現の話

f:id:est_cub_1000RR:20190804143212j:image

 

日本という社会では、自己表現が苦手な人が多いですよね。

かくいう私も苦手なわけですが笑

理由は単純に

 

そもそも日本では自己表現するという機会がほとんどないですよね。

自己表現もしないまま、いきなり就職などの面接に挑むわけです。

就職では、自己表現がうまい人が圧倒的に優位に立てますよね。

入社した後は自己表現を発揮する場なんてほぼないのにね。

 

もともと同調性を美徳とする日本では、みんな横並びが良いわけです。

統制が取れている事でみんな同じようになるのが都合が良いのでしょう。

 

もともと自己中で協調性が無い私は、みんなと同じ事が楽しいと思えなかったり、自分のやりたいように生きる事以外に興味がなかったりと社会不適合なわけです。

 

だからと言って、社会から外れて生きていくのは難しいわけで、自己表現をして自分の道を確立していくか、頑張って自分から社会に歩み寄っていくかしか無いのです。

 

自己表現と一言にいっても、その方法は様々あります。

 

文章を書くのが得意な人は筆を手に取るでしょう。

 

絵を描くのが得意な人はペンを手に取るでしょう。

 

歌が得意な人はマイクを手に取るでしょう。

 

筋トレが得意な人はバーベルを手に取るでしょう。

 

人によって個性があるように、人それぞれ得意なことは多種多様にあるわけです。

小さい頃から、抜きんでる事を良しとせず、押さえつける教育をしてきたため自己表現が不得意な人が多いのでしょう。

 

自分が得意なことというのは、たくさんのことをやってみないとわからないわけですが、周りからバカにされたり、親にやめろと押さえつけられたり。

 

私のように、誰になにを言われても自分勝手にやれる人は良いですが、そうで無い人は押さえつけられたまま。

 

そういった中で近年はインターネットやSNSというものの発達で自己表現がしやすくなりました。

これは本当にいいことだと思います。

 

自分が発信した事が、世界中に知れるだけでなく、自分が起きている時も寝てる時も発信する事が出来るわけです。

ブログや動画などのネットを使う事で、同じ事を100人に発信するという行為ひとつでも、100人に全て同時にできてしまうわけです。

これは凄い事です。

 

本当にいい時代になりましたよね。

こういったサービスをタダで使えるというのはめちゃくちゃメリットなわけで、逆に使わない理由がないですよね。

 

もっともっと自由な発想で自己表現出来る時代になるといいなぁ

 

MA-YANでした。

 

人生について深く考えてみた話

こんにちは。

頭痛がなかなか治らないMA-YANです。

 

生きている以上は時間というのは有限なわけで。

f:id:est_cub_1000RR:20190803185254p:image

技術の進歩は日々加速度的に進んでいますね。

いつか不老不死なんて時代が来るのかもしれませんが、それはそれで結構しんどいのかななんて考えることがあります。

 

皆さんたまに宇宙について夜通し考えてみたりなんて事ありますよね?

 

私だけ?

実際宇宙について考えたところで実益がないので無駄と言ってしまえばそうなんですけど、たまに意味のないことを考えてしまうことがあります。

 

なんだか宇宙の事を考えていると人生ってなんだろうなと思ってしまうこともあるわけです。

 

人生における目標や目的について考える人はそんなに多くないと思います。

 

生きていく上で目的や目標というのが無くても支障はないと思いますが、人生の最終目標がある人にとっては、目標達成するために明確なビジョンが必要になってくるわけです。

 

妄想では夢や目標を実現させる事というのは難しい。

今まで生きてきた上で妄想レベルでこうなったらいいなぐらいの目標や願望というのは、まったくもってうまくいってないのでこれは確信を持って言えることです。

 

逆に絶対実現したい夢や目標というのは、必然的に現実レベルに落とし込んで計画を立てて行動しているような気もします。

絶対実現したいものがあるからこそ、結果から逆算して行動計画を立てていくものです。

 

世の中うまくいくことよりも、思い通りにいかないことの方が多いというのがまた人生の深い部分かもしれませんね。

 

私は毎日失敗の連続で、へこたれるという事こそありませんが、うまくいかなかったらどうやっていこうかなと予備の策やその後の事は常に考えてしまいます。

 

それでも、失敗を続けていると、このままでうまくいくのかな?と疑問が大きくなったり、迷いが出てくるのですが、そういった不安を払拭するにはそれ以上に勉強や研究して打ち込んでのめり込んで迷いや不安を打ち消すほかありません。

 

歌の歌詞なんかでもよく自問自答なんてフレーズが使われたりしますが、毎日のように自問自答です。

 

人生は長いと勝手に思っていますが、未来のことは全く予想も出来ません。

100年くらい生きるかもしれないし、明日死ぬかもしれない。

死んだ後のことはわからないし、死に直面した時どんな気持ちなのかもわかりません。

 

後悔をして生きるのは嫌だけど、明日死んでしまうとわかっていたら10年後を見据えて行動なんてしないでしょう。

 

明日死ぬと信じてやりたい放題やったとしても、明日死ななければ残りの人生がしんどいだろうから、やはり長生きする前提で人生設計というのはやっていくべきなんだろうなと思うわけです。

 

人生100年時代と言われる時代において、いったいどれだけの人が100年間の人生の最終目標を設定して生きているのでしょう。

 

将来にはなんの保証もないけれど、自分がやりたい事、果たしたい事を持って生きることがやり抜いたとかそういった達成感のようなものにつながると思います。

 

毎日コツコツと努力を積み重ねていく事で、1日1日は小さな変化でも、長い目で見れば果てしない進化を積み重ねているわけです。

 

人生において明確な正解も無ければ答えなんてものもないわけで。

自分を信じてやっていく事の終着点が死なのかどうかもわからないまま、自分は一体何者なのかと考えを巡らせて生きていくわけです。

 

なにが正しいのかは誰にもわからないし、人それぞれ答えは違っていいものだと思います。

 

ゴールなんて見えなくて当然であって、答えを探すことに意味なんてないのかもしれません。

それでも何かをやりきった達成感というのが一番のご褒美になるのではないかな。

 

哲学的な難しい話というわけではないけれど、人生において確かな確信を持ってやっていきたい事、やりきったと言える事があるというのが一番の強みになるんじゃないかなというのが今の私の考えです。

 

また毎日自問自答を繰り返して…

 

MA-YANでした。

休息

こんにちは。

朝から頭痛に悩まされているMA-YANです。

起きている間ずっと株や為替のチャートを見ているせいなのでしょうか…

f:id:est_cub_1000RR:20190802150911p:image

とはいえ私に休んでいる時間もお金もありませんので、筋トレしてごまかしながらやっていきます。

 

「毒を持って毒を制す」なんてことわざがありますように、頭痛の時はより血管を圧迫するような運動をしてます。

※よいこは絶対真似しないでね

 

人には絶対譲れないものが1つはあるように、今の私には投資で富裕層になるという絶対譲れないものがありますので、1分1秒無駄にできないのです…

 

しかし、頭痛のおかげでブログを書く作業が結構辛いので今日はこの辺で…

 

MA-YANでした。

 

 

答えはいつも左側にある

こんにちは。

今日から会社に行く必要が無くなったわけですが、いつもどおり淡々とやることをこなすMA-YANです。

 

さて、今日は投資関連の話

真理と心理的な…

f:id:est_cub_1000RR:20190801162337j:image

昨日というか今日の早朝にFOMC金利の引き下げが決まりました。

その結果自体は大方の予想通りでサプライズはなく、という内容でした。

 

このFOMCが為替や株に与えた影響というのは、私は割と大きいと思っています。

 

今の時点では。

 

ですが。

というのも、結果はすべてチャートに現れるからです。

金利が下がればどういう風に株価や為替が変動するかというのは事前には誰も当てることは出来ず、チャートに現れた結果が全てということです。

 

ちなみにチャートはこういう図の事↓

ラクガキしているので見辛いかもですが…

f:id:est_cub_1000RR:20190801161551j:image

 

今のところはFOMCの影響もあり、ドル円でいうと109.000のレジスタンスラインを超えて、その上にたくさん控えていた売りの圧力もストップロスも飲み込んで上昇しました。

それだけドル買いの勢力が多かったということ。

一方株価は微妙といったところですね。

 

しかし、この後も続いて上昇するかどうかというのはまた別の話。

 

この後も上がると思うから買いたいという賛同者が多ければ上がりますし、上がらないと思うから決済しようという人や売りでエントリーする人が多ければ下がっていきます

 

あくまで相場は有象無象の集団心理の結果であり、答えはチャートという形で現れます。

 

つまり過去のチャートが答えなのです。

いつも答えは必ず左側にあります。

 

f:id:est_cub_1000RR:20190801155049p:image

 

コ◯ンくんは決めゼリフで「真実はいつもひとつ」なんて言ってますが、真実はチャートにあるという事を暗に言っていたという事ですね(違

 

人の心というのは覗き見ることが出来ませんが、みんなこういう風に考えそうだなと何パターンもシナリオを描いておくことで、不測の事態という事に対処できるわけです。

 

何も投資だけでなく、普段の生活から癖付けておくことでかなり役に立ちます。

デメリットは脳が疲れる事くらいですかね笑

 

以前にブログで記事にした、物事の本質の見方という部分にもつながる考え方なのでおすすめです。

 

とはいえ人は答えを求めすぎなのかもしれませんね。

 

MA-YANでした。

 

 

今日が会社の最終出勤日でした。

こんにちは。

今日はまさに猛暑と言っていい気温でしたね。

全国的にかなりの暑さだったようですが皆さん体調は大丈夫でしたでしょうか?

私は室内と外の寒暖差で倒れそうです。

 

さて、タイトルの通り今日は今の会社での最終出勤日でした。

f:id:est_cub_1000RR:20190731181944p:image

正直感慨深いとかそういう感じは今のところないので、実感がわかないですね。

むしろそれよりも夜中のFOMCの利下げがどうなるかということの方に気持ちがいってしまっています笑

 

会社に行かなくなってから徐々に実感が湧いてくるのかどうかわかりませんが、まあどうでもいいです。

 

これからは会社という組織に属さず自分の力で食い扶持をなんとかしていかないといけないわけですが、会社員でない以上は給料も無いですし、どれだけ働こうが問題ないというのはまるでゲームのようですね。

 

幸い失敗してゲームオーバーになっても、また働いて会社員からリスタートできるので気分はめちゃくちゃ楽です。

 

楽しく努力してお金を稼ぐというのが今後のテーマなので、その通りに実行するために徹底的にやり抜いていきます。

 

リゲインのCMだったかな?で

「24時間戦えますか?」

というフレーズが話題になりましたが、24時間戦えるようになるならリゲイン飲みます

起きている間はずっとチャートや経済と格闘していたいですね。

 

もちろんカブも乗りますし、エストレヤにも乗ります。

せっかく出勤という縛りがなくなったので、ぜひともミーティングは行きたい。

 

あとはカブ耐にも出たい。

いまだカブがないけど…

ところでナナカンパニーさんのカブ耐車両放出の話はどうなったのだろうか…

 

あとはお金稼ぎに失敗してお金がすっからかんにならない限りは参加したいと思います。

 

これからの10ヶ年計画で目標を達成するためにも日々ブチ抜いていきたいと思います。

 

MA-YANでした。