ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

軽減税率で生まれる新たな問題

こんばんは

MA-YANです。

 

北朝鮮がまたミサイル発射しましたね。

もはやお家芸に近いような気もしますが笑

もうミサイル発射くらいでは為替も動きませんね…

 

慣れというのは怖いものです。

 

ミサイルが着弾したのが日本のEEZだったということもありますが、果たして日本本土に着弾するような事態になって迎撃はできるのかというのがわりと興味をそそります。

 

自衛隊は世界でも屈指の力があると言われていますが、実際どうなのかというのはやはりわかりづらいところ。

 

こればかりは信じるしかありませんね。

 

イートイン脱税問題

f:id:est_cub_1000RR:20191002210949p:image

さて、昨日から始まった増税ですが…

はやくもイートイン脱税なる行為が物議を醸しているようです。

 

イートイン脱税とは

消費増税と同時に、導入されたのが軽減税率。

 

店内飲食と持ち帰りで税率が違ってきます。

 

「外食・酒類を除く飲食料品」は8%

 

外食の場合、税率は10%となり、持ち帰りの場合は8%となります。

 

つまり、イートインで食べる前提で購入すると消費税は10%かかりますが、持ち帰り前提で購入すると8%となります。

 

ということなので、

 

持ち帰りで購入したものを、イートインで食べるという行為がイートイン脱税と言われているようです。

 

やる人めっちゃ出てきそう笑

 

このイートイン脱税という行為が犯罪に当たるかどうかは別として、消費税2%分を脱税するような形の行為をすること自体が卑しいですよね。

 

と私は思うわけですよ。

 

どうせなら気持ちよくご飯を食べたいです。

 

まあイートインスペースで食べること自体数年に一回くらいしかないので私にはあまり関係ないのですが…

 

軽減税率無くしてしまえばいいのになぁ。

 

と思うMA-YANでした。

ゴールド暴落来るか⁉︎

こんばんは

MA-YANです。

 

ついに10月に入りましたね。

増税です。

私はまだ買い物に行ってないのでわかりませんが、10%になってるんですねぇ。

 

先日10月の相場観という内容で、ドル円とポンド円、ゴールドの話をしました。

 

今日はその続きの話。

おもにゴールドになります。

 

ゴールド

先日の記事で書いたように先週ゴールドは日足でヘッドアンドショルダーを形成しかけていました。

 

そして、今週の始値の段階で中期トレンドラインを割って1495付近から始まりました。

f:id:est_cub_1000RR:20191001211542j:image

この時点で下だなと思ったのですが、一旦戻すかなと思い様子見しつつ、甲子園に行く予定もあったのでトレードをしなかったのですが…

 

チャート開くと見事にヘッドアンドショルダーのネックラインも割ってましたね。

f:id:est_cub_1000RR:20191001212040j:image

 

これはやられたと思いました笑

個人的にこの節目はボーナスステージだったので痛い…

 

結構狙ってたのでトレードチャンスを逃したのが残念でしたが、まだ戻すチャンスがあるのでしょうがないと自分に言い聞かせます。

 

今日も一回1464あたりから戻すと思ってロング入れてたんですが、建値で切られちゃってました。

 

その後二点底で今短期で戻しの局面です。

これがどこまでいつ戻すかというのが重要かなと思っています。

 

朝の時点では、夕方に1475くらいまで戻すと思っていたのですが、予想よりドルが強くて売りが強いのでしばらく様子見です。

 

ひょっとするとちょっと間揉むかもしれませんね。

 

ドル円

 

 

ドル円はやはり108.2から108.4あたりが抵抗帯になってますね。

 

この後の展開としては…

 

ここをきちんと抜けないと、ダブルトップやトリプルトップになりそうな感じですが、思ったより108台に戻るのが早かったことを考えると、割と近く108.4あたりを抜いてくるかもしれませんね。

 

ここ抜けたら108.7あたりまで抵抗はないので109円も行くかもしれません。

 

 

ポンド円

こちらはほぼレンジです。

もともとボラが大きいので、レジサポで売り買いしていくのが今は無難な気もします。

 

私は今月末までのイギリスのEU離脱は難しいと思うので、ポンド円はしばらくスキャルピングだけにしようかなと思います。

 

ちょうど1h足でウサミミ作ってました^_^

f:id:est_cub_1000RR:20191001214320j:image

 

ウサミミに特に意味はないです笑

ただ、このパターンは結構多いですよね。

 

 

今週も頑張っていきましょうー

 

MA-YANでした。

阪神CS進出おめでとう

こんばんは

MA-YANです。

 

今日は阪神タイガース公式戦の最終戦でした。

先日ブログ記事に書いたように、阪神対中日の試合を見に行ってきました!

f:id:est_cub_1000RR:20190930214703j:image

 

そして…

 

3対0で阪神勝ちましたー

 

逆転CS進出決定です。

 

パチパチ👏

 

まさかCS進出できると思ってなかったので良かったです。

 

本当におめでとうございます。

 

この勢いのままハマスタでも連勝して東京ドームへ行ってほしいですね。

 

 

そしてCSがあるので鳥谷最後の試合というわけではないと思いますが、最後に鳥谷の勇姿を見れてよかった。

 

今日は気持ちよく寝れそうです。

 

MA-YANでした。

日本が生き返るには…

こんばんは

MA-YANです。

 

昨日は増税の話をしました。

考えようによっては増税もチャンスだと思っていただけたなら良いのですが笑

 

日本の情勢

f:id:est_cub_1000RR:20190929223159p:image

 

日本をめぐる情勢は厳しいものがあると言えます。

 

結論から言うと

現状のアメリカのお財布状態という立ち位置から脱却出来れば本来の日本の力を取り戻す事が出来るかもしれません。

 

今の日本は、良くも悪くもあくまでアメリカの属国という立場であり、本当に困った時にアメリカが日本に手を差し伸べるかどうかは疑問です。

 

経済的なところを鑑みても、アメリカは国債を発行していれば日本が買ってくれるという状況にあるためあくまで強気でいられます。

 

日本は文字通りお財布状態と言っても過言ではない状態。

誰もが知っているように日本は敗戦国であり、その弱体化を主導したのはアメリカです。

 

日本に力を持たれるというのはアメリカにとっても困るのです。

だから程よく生殺し状態で日本を飼い慣らしているわけです。

 

今の段階でアメリカが脅威に思うのは中国くらいかもしれません。

アメリカと中国は経済対立という形で揉めていますが、アメリカにとっても中国と対立するというのはリスクが大きく本気ではないのでしょう。

 

経済対立の先にあるもの

 

アメリカは何を望んでいるのか。

 

トランプ大統領が目指すものはアメリカファースト。

 

強いアメリカを取り戻す上で日本や中国、韓国の関係がどうなるのが1番都合が良いのか?

 

トランプ大統領はやり手ですね。

 

しかし、本当に恐れているのは日本が力を持つことかもしれません。

 

とは言っても今の日本にそれほどの力はありません。

トランプ大統領もそのあたりを踏まえて日本に接しているのでしょう。

 

日本に強く求められるのはカリスマ的な本当のリーダーかもしれない…

 

MA-YANでした。

増税を恐れる必要はない。

こんばんは

MA-YANです。

 

今週末が9月最後の土日となりました。

しかしながら、今日も太陽が元気です。

もう9月が終わりだというのに車の外気温計を見ると31度を示していました。

これが今年最後の暑さになると嬉しいです。

 

 

増税の影響

f:id:est_cub_1000RR:20190928213101p:image

さて

来週から10月を迎えるわけですが…

 

いよいよ消費税増税です。

 

おそらく待ちわびたと言う人はいないと思いますが、ついにやってきてしまいますね。

 

個人的には、日用品や食料以外で買い物をする予定は特に無いので、さほど気にはしていないのですが…

 

そうではない方もたくさんいるでしょう。

 

高い買い物をする予定の人は10月までに済ましている方も多いと思いますが、なかなか予定通りにはいかない事もあるかと思います。

 

特に車や家のようにかなり高い買い物になると、すぐにというわけにはいかないので、購入が10月以降にずれ込んで嘆いている人もいるかもしれません。

 

 

消費税が8%から10%になる事がどれくらい影響あるのか?

 

もし、今税抜300万円の車を買ったとしたら消費税が8%なので税込で324万円です。

8%でも24万円も税金かかるとなるとバカに出来ませんよね。

 

これが10月以降になると330万円になり、差額は6万円です。

 

6万円あれば、海外FXのレバレッジをフルにかけて勝負すれば100万円も夢ではありません笑

現実的にそんな事ができる実力があればおそらく消費税増税くらいでさほど困りませんけど…

 

車だからこれくらいの差額で済んでいますが、家だとどうでしょう?

 

仮に今税抜3000万円の物件を買ったとしたら、税込価格は3240万円。

 

10月以降になると3300万円です。

 

その差は60万円。

 

給料2ヶ月分の差が出てきます。

おそろしいですねぇ。

 

もっと恐ろしいのは、今後の消費税はさらに増税するであろうという事。

 

10%でとどまることはまずないでしょう。

 

 

で、現実的な問題として10月以降に車や家を買うのは損なのか?という事

 

これに関しては、数字上は2%分の損というのは目に見える分であるわけですが、現実問題10月以降も車や家は販売されているという事。

 

これだと意味わからないかもしれませんが、売る側からしても10月以降売れなくなるのは困るわけです

 

増税前の駆け込み需要なんて言葉がありますが、この増税前に大きな買い物しておこうという心理は当然多くの人に働くわけです。

 

言い方は悪いですが、消費者が増税前に勝手に買いに来るわけです。

 

売る側は、増税前のチャンスという(実際はチャンスでもなんでもない事をあたかもチャンスのように言う)言葉を使って消費者を煽ります。

 

つまり増税前というのは、ボーナスステージ。

 

本当の勝負は10月以降という訳です。

10月以降も商売を続ける以上は車や家を売らないといけないので、あの手この手でなんとか消費者を引き込もうとします。

 

結果増税前に急いで買うよりも得する事もあるかもしれません。

 

特に家の場合だと、増税後はすまいの給付金の支給額と支給対象収入が引き上げられるのでお得です

 

 

そして、何より家はすぐには出来ませんよね?

 

今これを言うのも気が引けるのですが、増税前は否が応でも家の工事が増えます。

 

本来受けたくないぐらい忙しいという状況にあるかもしれません。

こうなると、値下げをしなくても仕事は入ってくる上に、忙しいから細かいところが疎かになる…

 

なんて事があるかもしれません。

 

逆に10月以降の場合は、工事も余裕が出てくるでしょうから、値下げも融通が利いて仕事も丁寧になるという事が考えられます。

 

あくまで私の予想ですが、思っているより増税後はチャンスかもしれませんよ?

 

MA-YANでした。

さらば戦士達

こんばんは

MA-YANです。

 

やきゅうの話

f:id:est_cub_1000RR:20190927200917p:image

ベテラン選手が相次いで引退しますね。

長い間活躍を見てきた選手が引退するのは寂しいとともに、新たな時代の選手がどんどん現れる事が楽しみです。

 

最近1番話題になったところで言えば、

阿部が引退らしいですが、現役では最後の長嶋戦士になるんですかね?

もう長嶋監督の時代の選手がいなくなるというのは、それはそれで寂しい気もしますが、巨人ファンではないのでぶっちゃけ思い入れがありません。

 

阪神ファンとしては、脳腫瘍から復活を目指していた横田が引退する方がよっぽどショックです。

将来のスラッガー候補で頭角を現してきた矢先の脳腫瘍。

本人はさぞ悔しかった思いますが、最後にセンターを守り、レーザービームを本塁に投げたというのは、きっとファンの心に残り続ける事でしょう。

 

そして何よりメッセンジャーの引退

阪神の先発投手陣で今のところ西以外で安定感のある選手にかける現状でメッセンジャーがいなくなるというのは非常に痛いですね。

 

ともあれ引退する選手のみなさんお疲れ様でした。

 

余談

やきゅう関係なくてごめんなさい。

 

昨日は相場観の話をしましたが、さっそく今日は大きく動いてきましたね。

ドル円は108円台へ戻り、ゴールドはヘッドアンドショルダーのネックライン付近まで下落。

 

ドル円とゴールドは逆相関で動くので、基本はドル円上がれば、ゴールド下がるといった動きになります。

当然ドル円とゴールド/ドルという事になるので、ドルの強弱によって動きが変わるという事です。

この辺りは為替をやられている方であればご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

週明けどうやっていくか楽しみですね。

 

今週もお疲れ様でした。

 

MA-YANでした。

 

10月に向けての相場感

こんばんは

MA-YANです。

 

昨日寝不足の話していましたが、反動が来たのか夕方仮眠したら起きたらこんな時間に…

やはり規則正しい生活をしないといけませんね。

 

今日は軽く為替の話

f:id:est_cub_1000RR:20190926224106j:image

ここ数日で為替はボラが大きくなり、動いてきていますね。

画像はゴールドですので、いつも通りよく動いてます笑

 

8月に底をつけたドル円とポンド円は9月に入り大きく戻りの局面となりました。

先週から今週にかけて戻りもひと段落し、再度下降の場面。

 

ドル円

ドル円に関しては、日足以上で見ていると107円から108円の動きで中期的には下降しそうな感じ。

後は10月上旬くらいに109円くらいまで戻すならそのまま上旬の余地がありそうな気がしますが、今の段階だと上も下もどちらもありそう。

 

ポンド円

ポンド円に関しては、イギリス議会で合意なき離脱が違法と最高裁で判決出たので離脱のリスクが和らいだ印象です。

 

とはいえ、先程ジョンソンさんは10月31日にEU離脱することを強く確信していると発言しているので、しばらく混迷を極めそうです。

 

チャートでは、上げてすぐ戻したところを見ると、その辺りも相場は折り込んでいたような感じですが。

このまま早々に131円を割っていき、133.6円あたりを超えないようなら下の可能性があるかなと思っています。

どちらにせよ今は読みづらい状況な気がします。

 

ゴールド

ゴールドに関しては、長期的には上昇局面。

短期的にはどこまで戻すかが重要になったきそうです。

日足レベルで見るとヘッドアンドショルダーができつつあります。

このまま1485あたりを割ってくるなら、ヘッドアンドショルダーが否定されないということなので一旦下が強そうです。

 

そして、ゴールドはドル円国債との相関性が強いので、その辺りも注意深く見ていかないといけませんね。

 

トレードには、ファンダメンタルズとテクニカルという2種類のやり方がありますが、この2つは独立しているわけではありません。

 

しかし、私はテクニカルでしかトレードしません。

ファンダ的な要素もテクニカルに反映されると思っているからです。

値幅や値動きといったものは、わりかし規則正しく動くもの。

一見ランダムウォークでメチャクチャに動いているように見えて意外と規則正しく動き、端々で整合性を取ったりしてます。

 

といっても、この先どうなるかはは誰にも分かりませんけどね笑

 

いずれにしても、私に相場を予想する力はないので相場に合わせて、力の強い方についていきます。

私は強い者の味方です。

 

MA-YANでした。