ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

雇用統計とチャートその後

こんばんは

MA-YANです。

 

今日は毎月恒例の雇用統計祭りでした。

結果を見ると12万人超えとかなり良かったと思います。

ドル円も一時108.25円まで回復しました。

 

この結果を見ると、やはりアメリカ経済はなんだかんだ強いなという印象です。

 

ほかの指標が悪くても、雇用統計がこれだけ良いし。というポジティブなイメージですね。

 

アメリカ強し。

 

ピックアップ通貨ペアその後

さて、本題ですが、昨日お話したリスクリワードでピックアップしたチャートのその後について。

 

 ユーロドル

図に書いた下降ラインのように、レジスタンスは抜けず一度下落後、レジスタンスラインに再度タッチ。

ここで弾かれて落ちるかどうかという場面です。

素直に落ちるかずるずる試すかでまた流れは変わりそう。

 

f:id:est_cub_1000RR:20191101204638p:plain

 

 オージーカナダ(AUDCAD)

まだどっちつかずな状況。

ちょっと動きが緩慢なのでトレードするならレジスタンスラインを超えてからチェックするほうが良さそうですね。

今はわざわざ見なくて良さそう。

 

f:id:est_cub_1000RR:20191101204734p:plain

 

ユーロ円

ここのレジスタンスがかなり固いですね。

日足レベルのレジスタンスなので抜けると強力なサポートになりそうですが、戻しを付けず衝撃波で落ちたので結構強めに下降するかもしれません。

 

f:id:est_cub_1000RR:20191101204938p:plain

 

 

相場はまた来週ですね。

明日明後日でまた検証しないと。

 

良い週末を〜

 

MA-YANでした。

気になるリスクリワードの話

ハッピーハロウィン

MA-YANです。

 

今日はハロウィンという事で、ウェイでフゥーーーなパーリーピーポー達が渋谷に集まっているみたいですが、私はおとなしく家でトレードです。

 

YouTubeで渋谷のライブカメラ映像が見れるのですが、人がたくさんいすぎてアリの大群に見えてちょっと気持ち悪いです…

 

さて、今日は

リスクリワードの良さそうな通貨ペアの話

 

トレードをする上で考えないといけないのがリスクリワード。

 

何回かこのブログで話をしましたが、たとえ勝率が高くなくてもリスクリワードが良ければ勝つことが出来ます。

逆に言えばリスクリワードが悪いと勝率が良くても負ける可能性が高いということ。

 

このリスクリワードについては、損切りの位置や取れる値幅を推測しないといけません。

 

損切りの位置については、人によって異なるのかもしれませんが、私は「ここを超えるなら根拠が崩れる」という位置に損切りラインを置きます。

 

トレンドフォローであれば、前回安値や前回高値など。

逆張りであれば根拠となるラインなどです。

 

その中でも、リスクリワードが取りやすいと思うのはロールリバーサルを狙ったもの。

 

つまりレジサポ転換のラインを背に戻りでエントリーしていく形。

これは損切りラインが明確かつ、エントリーから損切りラインまでが高いので負けてもあまり痛くありません。

 

そして、反発してラインが機能していることを確認してからエントリーすれば勝率も上がります。

ちょっと損切り位置は遠くなりますが…

 

しかし、損切りラインを近く置けると言う事は必然的にリスクよりリワードの方が大きく取りやすいわけです。

 

このレジサポラインを利用するトレードはいろんなシナリオを組み立てやすいということも利点の一つ。

つまりレジサポラインを背に売りでも買いでもシナリオが組み立てやすいのです。

 

参考までに今見ている通貨ペアのチャートを載せておきます。

ちなみに通貨ペアごとに時間足はバラバラです。

 

そして、記入しているシナリオにまったく当てはまらない事がありますので、あくまでレジサポラインを利用したシナリオの参考までに留めておいて下さい。

 

ユーロ円

f:id:est_cub_1000RR:20191031193944p:plain

 

オージードル/カナダドル(AUD/CAD)

f:id:est_cub_1000RR:20191031193649p:plain

 

 

ユーロドル

f:id:est_cub_1000RR:20191031193824p:plain

 

ニュージードル(NZDUSD)

f:id:est_cub_1000RR:20191031194054p:plain

 

 

ニュージーランドドル/円 (NZD/JPY)

f:id:est_cub_1000RR:20191031194148p:plain

 

値幅ボックスで遊んでみた

こんばんは

MA-YANです。

 

最近季節の変わり目のせいか喉と鼻の調子が良くありません。

炎症を抑える薬や抗生物質などの薬の影響ですごく眠いです…

 

FOMCが夜中の3時とかなのでそれまで寝ようかな…

FOMCが控えてる分為替の動きも見てるだけで眠くなるような程度しか動いてないので、これは今日の分終わりでいいかもしれませんね。

 

今日はFOMC前で暇だったので値幅ボックスで遊んでみました。

もっと細かいボックス引いてもいいのですが見づらいので。。。

 

一番わかりやすいのはゴールドですかね。

割と再現度高めです。

 

波動がわかりやすいのはポンド円でしょうか。

 

ゴールド

f:id:est_cub_1000RR:20191030202832p:plain

 

ユーロニュージー(EURNZD)

 

 

f:id:est_cub_1000RR:20191030203829p:plain


 ユーロオージー(EURAUD)

 

f:id:est_cub_1000RR:20191030203902p:plain

 

ポンド円

f:id:est_cub_1000RR:20191030205814p:plain

 

 

どうです?

パズルみたいで面白いと思いません?

 

皆さんも頭の体操がてら遊んでみてはいかがでしょう?笑

 

MA-YANでした。

 

今週の相場感

こんばんは

MA-YANです。

 

ようやくドラクエウォークが4人パーティになりました。

遅くね?と思った方ごめんなさい。

日々ゆるくやっています。

 

今週は為替関連がイベント盛りだくさんです。

FOMCに日銀金融政策決定会合、雇用統計と指標関連のオンパレード。

 

今週はデイトレーダーの方も注意が必要かもしれませんね。

 

イギリスのブレグジット問題は離脱延期で一先ずの決着と言っていいのかわかりませんがまあいいでしょう。(適当

 

今週はあまり見どころな通貨が無いので、たくさんトレードしたいなという人はゴールドやポンドでスキャルピングなんていかがでしょう?

 

ドル円は108.5で底固いけれどいかんせんボラが低い。

 

そのかわりポンドとゴールドはボラが大きいので焼き尽くされないように損切りは確実にしておきましょう。

 

 

 

ちなみに…

 

ゴールド

先週ようやく三角地帯抜けたかと思いましたがやっぱりレンジ。

1時間足くらいで移動平均線使ってトレードするくらいがいいのかも。

 

15分足

f:id:est_cub_1000RR:20191029211703p:plain

 

ポンド円

ポンド円も一旦レンジですね。

やはり141.5円が天井圏となっています。

高値更新するなら137円くらいまで押すかなと思ってますがどうでしょうね。

 

1分足でまともにトレードできるのポンドくらいだと思うんですがどうでしょう?

 

15分足

f:id:est_cub_1000RR:20191029212331p:plain

 

 

MA-YANでした。

 

フィレオフィッシュの形がなんか好き。

こんばんは

MA-YANです。

 

今日ツイッターを見ていたらトレンドにフィレオフィッシュがあったので何事かと思っていたのですが、どうもフィレオフィッシュをリニューアルするみたい。

f:id:est_cub_1000RR:20191028214728p:image

 

 

フライの生産工程を新しくするそうで、見た目がより白いフライになり、食感や風味がアップするらしい。

 

見た目がより白いフライになるというのは重要なことなんだろうか?

 

とはいえ、フィレオフィッシュは結構美味しいので昔よく食べてた気がします。

気のせいだったらごめんなさい。

 

冗談はさておき、フィレオフィッシュって初期からあるメニューだけに人気高いですよね。

 

特に女性にフィレオフィッシュが人気のような気がします。

 

なんでかな?

 

最近はヴィーガンとかそういうこだわりのある人が増えてるっぽいので、これからの時代ヴィーガンバーガーみたいなのも出てくるかもしれませんね。

 

海外ではもうあるみたいですし。

 

タピオカみたいにすぐブームが終わるような感じでは無いと思うんですけどね。

 

ヴィーガンは本来ブームのようなものではないので、一時の流行とは違うと思いますが、やはりミーハーな人達も結構いそうです。

 

「ウチ今はヴィーガンやねん!」

 

「マジで⁉︎」

 

みたいな会話もあるかもしれませんね。

 

どんな分野においてもミーハーな人が出てくるのはしょうがないですし、そういう人を相手に商売するから儲かるという側面もあるので一概にミーハーが悪いとは言い難いところはあるわけですが。

 

目ざとい人は色んなところに目を光らせて見ているということでしょうか。

 

MA-YANでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波動の読み取りは超重要

こんばんは

MA-YANです。

 

目薬はスーっとするやつが好きですが、スーっとするから効いているような気がするだけのような気がして最近悩んでます。

 

そんなちっぽけな悩みがほとんどです。

 

値幅ボックスと波動

トレードをしていると利確などで必要になってくるのが値幅の計算。

 

フィボナッチや波動、ボックスなどで値幅を計算することが多いと思いますが、難しいのが波動の読み取り。

 

N波動やE波動、Y波動にI波動とたくさんあるわけですが、中でも見極めが難しいのがN波動とE波動。

 

値幅ボックスを使うときにもこのN波動とE波動の見極めは重要になってきます。

 

正直相場は細かい波を形成しながら推移していくので教科書のように単調な波の形成はありません。

 

崩れながら形成していくことがほとんどなので、波動を見極めるにはとにかく数をこなして見ていく必要があります。

 

正直簡単な見分け方的なものは無いと思います。

もし知っている人いたら教えてください。

 

私もよく波動の読み取りは間違えます。

後からチャートを見れば気づく事がほとんどですが、現在進行形で波動を見極めらことができれば値幅の計算がかなり楽になるはずです。

 

普段から値幅ボックスを使っていれば、同じ値幅が出ることが多いので波動が分かりやすいかもしれませんね。

f:id:est_cub_1000RR:20191027210331p:plain

 

 

おまけ

面白そうな通貨

 

ニュージーランド

日足でダウントレンドからダブルボトムを形成中。

 

100EMAがレジスタンスになり一度抑えられていますが、この後チャネルで反発してネックラインを超えれるかどうかがポイントになってきそうです。

 

f:id:est_cub_1000RR:20191027210554p:plain

 

15分足で見るとこんな感じ。

f:id:est_cub_1000RR:20191027210738p:plain

 

 

MA-YANでした。

 

チュートリアル徳井はどれくらい叩かれるのか

こんばんは

MA-YANです。

 

ラグビーワールドカップではまさかまさかのニュージーランドイングランドに敗れましたね。

試合開始前からイングランドは気合が入っていたように思います。

イングランドがペースを保ち、ニュージーランドに良さを出させない試合運びでした。

 

チート脱税

f:id:est_cub_1000RR:20191026220708p:image

なんといっても最近の話題といえばチュートリアル徳井さんの脱税問題でしょうか。

ほんと修正申告だけで済んで良かったですね…

以前から毎度毎度税務署から指摘されてたみたいですし。

 

徳井さんの会見を見ていて、本当の事を言ってるのかどうかはわかりませんが、もし会見で言っていることが事実であれば抜けすぎだなと言わざるを得ない内容でした。

 

会社として、申告漏れだけでなく社会保険にも入ってないというのにはドン引きです。

びっくりするほどルーズなのかなんなのかわかりませんが、ある意味すごい。

 

個人ならまだしも自分1人の会社でこれをやるのがびっくりです。

誰も教えてくれなかったのでしょうか?

それともどうでも良かったのか…

 

国税を舐めてはいけない。

 

青汁王子がこのチュートリアル徳井さんの脱税問題に対して結構言及していましたが、悪い事は悪いで反省すればいい事ですし、ネットもここぞとばかりに叩かれまくることが目に見えているので、本人も反省して謹慎が終わるまでそっとしといてあげたらいいのではないかなと思います。

 

それとこれとは話が変わってきますが、日本は税金がどんどん高くなっていき負担が増えるのは間違いないので、早めに新興国に逃げるのもいいかもしれませんね。

 

私も北海道に移住するかアジア圏に移住するか迷ってたりします。

 

日本に先は無いと思ってしまいます。

 

MA-YANでした。