ライフエッセンス

多趣味な人間の生き様をさらけ出します

バイク乗りはバイクで死んではいけない

こんばんは。

 

皆さんはバイクに乗っていますか?

 

実際バイクに乗っている人も乗らない人も、バイクは危険な乗り物だと思っている方は多いと思います。

f:id:est_cub_1000RR:20190620221429p:image

バイクは危険な乗り物か?

 

結論から言うと、私は危険だと思います。

 

このご時世、歩いていても車が突っ込んできたり、通り魔のような輩がいたりと外に出るだけでも危険は常に身の回りにあります。

 

いくら本人が安全運転を心がけていても、事故に遭う可能性は大いにあるのです。

バイクに乗る人は特にこの事を忘れず常に頭の片隅に入れておいてほしい事です。

 

 

バイク事故は死と隣り合わせ

車であれば、車内に人は隔離されていますが、バイクの場合は生身です。プロテクターを着けていても、体がむき出しというリスクからは逃れられません。

 

バイクに乗っている人の中には、スピードを追い求める人が多いと思います。

その事自体は否定しませんし、私もサーキットで速く走る事を追求してました。

 

ただ、サーキットであればまだ良いですが、峠やワインディングなどで飛ばす人は自分だけでなく他人を巻き込む可能性もあるという事だけは覚えておいてほしい。

 

私が飛ばすなとか安全運転しろといくら言ったところで心には響かないでしょうし、言う気もありません。

私も他人に偉そうな事を言える立場でもありませんし…

 

結局乗る人の心構えの問題なのです。

 

ワインディングや峠を飛ばすのは確かに気持ちが良いです。

うまく操れたような気がしますし、気持ちも大きく開放的になるのもわかります。

 

ただ…

2輪通行止めの道がどんどん増えているということの意味を考えてみてほしい。

 

通行止めになる道は事故が絶えないのです。

これはどうしようもない事実です。

悲しい事故がたくさん起きています。

事故を起こすと、自分だけでなく周りも不幸になります。

単独事故であれば自己責任で済まされるのかもしれませんが、他人を巻き込んでしまうと一生傷を背負っていくことにも繋がります。

 

説教かと思うかもしれませんが、説教するつもりはさらさらありません。

人は自分で体験しないと学べないからです。

 

 

バイクに乗る人に伝えたい事

少し私の話をします。

 

私は今生きています。

 

何を言ってるのかと思うかもしれませんが、たまたま運が良かったから生きているのです。

本当にそう思っています。

 

今までサーキット、公道問わずたくさん転倒しました。

150km/hから転倒した事もありますし、崖から落ちた事も、ガードレールに激突した事もあります。

たまたま運が良かったから五体満足でこうして生きていますが、次事故を起こして同じように無事でいられる保証などどこにもないのです。

 

私はバイク事故で何人も友人を亡くしています。

亡くならなかっただけで、半身不随になった友人もいます。

 

無茶な運転をして亡くなった友人だけでなく、事故に巻き込まれて亡くなった友人もいます。

 

知っている人の訃報を聞くのは何物にも代え難い辛さです。

 

友人の通夜やお葬式に行って必ず目にするのは亡くなった友人の親、兄弟が泣いている姿です。

 

そして必ず言われることがあります。

 

バイクに乗らないでくれと。

 

これを聞くたびにとても辛い。

バイク事故で自分の子供を亡くした親の気持ち、それでもバイクを降りようとしない自分。

 

申し訳なさや悲しみが入り混じった感情はうまく表現が出来ませんが、毎回こんな事はもうたくさんだと思います。

 

私も年齢を重ねるごとに、無茶な運転や飛ばす事は減りましたが、今でも時々元気だった友人の事を思い出します。

 

まだ自分の目の前でバイク事故で友人を亡くしていないということだけが救いかもしれません。

自分の目の前で事故が起きたら立ち直れる気がしません。

 

皆さんの周りにもバイク乗る人がいると思います。

皆さん自身もバイクに乗る方は多いと思います。

 

どこに危険が潜んでいるかなんてわかりません。

 

できる事はせめて備えをする事なのです。

プロテクターを着用していれば死ななかったかもしれない。後遺症に悩む事もなかったかもしれない。

後から後悔しても時間は戻らないのです。

 

バイクなんかに乗らなければ良かった。ではなく

バイクに乗ってて良かった。

そう思えるように日頃から備えをする事は大事な事だと強く思います。

 

バイク乗りはバイクで死んではいけない

 

願わくば皆さんのバイクライフが楽しいものとなりますように。